ホーム ⇒ フォトショップ講座  ⇒  フォトショップ講座12

  12:錬金術でゴージャスに 
◆◇今まで学んだ技術を復習しよう!◇◆

物質を黄金化する、究極の夢の技術。これもフォトショップなら簡単にできます。
錬金術的なゴールドの人体の作り方です。
2006年07月12日更新

前講座11・割れたガラスでショッキングに

戻る

講座13・花に囲まれ、ブロマイド!次

加工前・加工後

加工前加工前

加工前

■使用素材

素材辞典・イメージブック2 38 人物・赤ちゃん編」

 加工後

加工後

拡大画像を見る

関連参考ギャラリー作品

エルドラドエルドラド


作り方

カワイイ赤ちゃんの写真を探してみたカワイイ赤ちゃんの写真を探してみた

まずは赤ちゃんの画像を切り抜きましょう。

切り抜きの方法についてはフォトショップ道場18日目「いろんな切り抜きの方法」で学びましたね。

背景レイヤーと分けておくと後々修正が楽背景レイヤーと分けておくと後々修正が楽

この赤ちゃんのレイヤーの下に新規レイヤーを作り、黒く塗りつぶします。

グレースケールになったグレースケールになった

【イメージ→色調補正→彩度を下げる】を選びます。すると赤ちゃんの画像がモノクロになりましたね。でも肌が明るすぎるのでこれを修正しましょう。

このグレースケールのレイヤーの複製を作ります。

グレースケールのレイヤーをさらに暗くするグレースケールのレイヤーをさらに暗くする

グレースケールの複製のレイヤーを 【イメージ→色調補正→トーンカーブ】で暗くします。色調補正は、レベル補正、トーンカーブ、明るさ・コントラストなどでもかまいません。

色調補正についてはフォトショップ道場13日目「色調補正(レベル補正とトーンカーブ)」で学びましたね。

髪の毛のみのマスクを作る髪の毛のみのマスクを作る

きれいな金色にするために必要なのは「全体の色調を統一すること」です。(黒いところは白っぽく、白いところは黒っぽくして色調を平均的にするということです)

赤ちゃんの髪の毛が黒すぎるので、「グレースケールのレイヤー」から髪の毛のみを移植することにしましょう。

髪の毛のみのマスクを作ります。

髪の毛のマスクについてはフォトショップ道場24日目「髪型を変えてみましょう」で学びましたね。

髪の毛のマスクを選択範囲で読み込んで、髪の毛を切り抜く髪の毛のマスクを選択範囲で読み込んで、髪の毛を切り抜く

このマスクで、「グレースケールのレイヤー」の髪の毛の部分をコピーし、色調補正したグレーのレイヤーにペーストします。

 髪の毛が銀髪になった

ペーストして、さらに髪の毛を色調補正で明るくします。

【イメージ→色調補正→トーンカーブ】でも、レベル補正、トーンカーブ、明るさ・コントラストなどでもかまいません。

メタリックにするための元なので、それほど厳密にやらなくてもOKメタリックにするための元なので、それほど厳密にやらなくてもOK

だいたいで結構ですので、肌と髪の毛をなじませます。

これで全体的な色調が整いました。

こんな感じの色だときれいな黄金色になるこんな感じの色だときれいな黄金色になる

新規レイヤーを作ります。 これを左のような色で塗りつぶします。

描画モードを「オーバーレイ」にする描画モードを「オーバーレイ」にする

茶色に塗り潰したレイヤーの描画モード「オーバーレイ」にして下さい。 すると赤ちゃんが茶色っぽい色になりましたね。

現在の時点でのレイヤーはこんな感じ現在の時点でのレイヤーはこんな感じ

修正した髪の毛と、ダークグレーにした赤ちゃんのレイヤーを統合したものを、茶色に塗ったレイヤーの上に作ります。

元画像を残したまま統合レイヤーを作る方法は、フォトショップ道場16日目「レイヤーの統合」で学びましたね。

ここでレイヤーの整理をしてみましょう。最低限左の画像のレイヤーがあれば大丈夫です。の4枚があれば大丈夫です。

分かりやすいように全て切り抜いてありますが、マスクによる非表示にしてもOKです。

一番上のレイヤーをフィルタでぼかす一番上のレイヤーをフィルタでぼかす

一番上のレイヤーで作業します。

【フィルタ→ぼかし→ぼかし(ガウス)】を選びます。すると左の画像のようなウィンドウが開きますので赤ちゃんの画像をぼかします。

この数値は元の画像の解像度によりますが、左の画像程度にぼければOKです。

フィルタのラップは、ラップをかぶせたような画像になるフィルタのラップは、ラップをかぶせたような画像になる

【フィルタ→アーティスティック→ラップ】を選びます。

すると左の画像のようなウィンドウが開きます。 この数値を適度に調節し、左の画像のように全体につやつやとしたラップがかぶせられたような画像を作ります。

何度か納得がいくまで、数値を変えて試してみてください。

描画モードを「覆い焼きカラー」にすると黄金化!描画モードを「覆い焼きカラー」にすると黄金化!

一番上のラップフィルタをかけたレイヤーの描画モード「覆い焼きカラー」に変えます。

おお! あっという間に黄金の赤ちゃんが出来たではないですか!

もしこのゴールドの色が気に入らない場合は、茶色のレイヤーを【イメージ→色調補正→色相・彩度】で好きな色に変えてみてください。いろんな色のメタリックな赤ちゃんに変わりますよ。

きらめく光を加えてみたきらめく光を加えてみた

さらにキラキラ光る反射を加えてみました。

この方法については次回の講座、フォトショップ講座13「花に囲まれ、ブロマイド!」で解説しますね。

最終的には最低でもこれだけのレイヤーがあればOK最終的には最低でもこれだけのレイヤーがあればOK

ちょっと分かりにくいので、レイヤーがどうなっているか左の画像で確認してください。分かりやすいように全て切り抜いてありますが、マスクによる非表示にしてもOKです。

応用作品

玉のような男の子?玉のような男の子?

「赤ちゃんが産まれました」年賀状。最近多いですね。でも単にデジカメで撮った写真をそのまま載せた年賀状だと他のの写真年賀状に埋もれちゃうんですよね。

そこで、フォトショップで一工夫して、もらった人も思わず見入ってしまう赤ちゃん写真年賀状を作ってみましょう。

加工前・加工後

加工前加工前

加工前

■使用素材

素材辞典・イメージブック2 38 人物・赤ちゃん編」

 加工後

加工後

拡大画像を見る

一応注意書きなど

フォトショップは多彩な機能が搭載されているソフトです。この方法は唯一のやり方ではありません。具体例としていくつか加工法をご紹介しますが、他のもっと良いやり方があるかもしれません。あなただけのやりやすい加工法を見つけるためにもいろんなやり方にトライしてみてくださいね。

前講座11・割れたガラスでショッキングに

戻る

講座13・花に囲まれ、ブロマイド!次

幻想画廊」 (c) Maria Garcia, 2002-2008

ホーム ⇒ フォトショップ講座  ⇒  フォトショップ講座12