ホーム ⇒ フォトショップ講座  ⇒  フォトショップ道場2日目

  フォトショップ道場・2日目 
美しい夜景を撮影する方法

2006年05月21日更新

前1日目・写真素材を探す・自分で撮影する

戻る

3日目・解像度って何?次

1日目で学んだことは「素材の撮影には十分な自然光を取り入れる」でしたね。

しかし画像加工の元画像に、花火や夜景の写真を使いたい場合はどうしたらよいのでしょうか?

2日目は夜景の撮影方法を学びましょう。

美しい夜景を撮影するには?

夜景1まずは元画像となる夜景を撮影してみよう!

フォトショップ上でもある程度明るさを修正することができますが、元画像が真っ暗に写っていると美しい加工写真を作るのは難しくなります。

美しい夜景を撮る簡単なポイントは4つ

(1)三脚を使う

(2)夜景モードがある時には「夜景モード」に

(3)タイマーを使う

(4)フラッシュを使わない

(1)手で持って撮影するとどうしてもブレます。美しい写真のために三脚を用意しましょう。三脚がない場合には、固定してあるもの(ベンチ、階段、手すりなど)を使ってカメラを動かさないようにします。

(2)「夜景モード」があれば使ってみましょう。ない場合、また夜景や花火を輝くように強調したい場合は、カメラの露出を高くし、シャッタースピードも遅くしてみましょう。

(3)夜景モードにしたりシャッタースピードを遅くするとその分ブレやすくなります。指で押すと動いてしまうのでタイマーを使って自動的にシャッターを切りましょう。

(4)フラッシュを使って夜景や花火を撮影すると、近くのもの(人物)は明るく写りますが、露出がそちらに合ってしまうので、背景が真っ黒になってしまうんです。そこでフラッシュをオフにしてみましょう。シャッタースピードが遅くなりますのでブレに注意しましょう。

夜景の写真を使って合成作品を作る

夜景1夜景に花火の画像を合成したもの。華やかな夜空になった!

たった4つのポイントを押さえるだけで、夜景の画像もぐんと美しくなりますよ。

撮影後にフォトショップ上の「イメージ→色調補正→明るさ」や「イメージ→色調補正→レベル補正」などで修正することもできます。キラキラ輝く夜景の作品を作ってみて下さいね。

前1日目・写真素材を探す・自分で撮影する

戻る

3日目・解像度って何?次

幻想画廊」 (c) Maria Garcia, 2002-2008

ホーム ⇒ フォトショップ講座  ⇒  フォトショップ道場2日目