『金貸しから物書きまで』

『金貸しから物書きまで』を読む. 常に様々なことから逃げ続けてきた男・広田(33才)のどん詰まり人生. 妻子のために毎日吐きそうなほどのストレスに耐えながら働き続ける. 独特の文体(愚痴)が不思議な魅力.