『モノのために家賃を払うな』

好きなモノだけに囲まれて暮らす生活を実現するため、相変わらず捨て続けている. が、捨てることは精神的な苦痛を伴うので定期的に掃除本を読んでいる. 『モノのために家賃を払うな』でまた捨てる勇気がわいてきた.