「 ◎管理人の頭の中 」一覧

NO IMAGE

ゾンビ

日本ってたとえゾンビアポカリプスになってもちゃんと列に並んで、順番に人間を喰ってそうじゃない?

記事を読む

NO IMAGE

誇り

日本の漫画やアニメなどのサブカルチャー、伝統ある文化・歴史にも敬意を払う。勤勉さや頭の良さは誇りに思うことはある。でも単に「私が日本人だから日本が誇らしい」とは思わない。「日本人として誇りに思う」ってよく聞くけど、私はそういう感情はよく理解できない。

記事を読む

NO IMAGE

筑波大

学生時代に試合で筑波大に行ったことあんの。キャンパスで白骨死体が発見されたってニュースで話題騒然だったよ。筑波大広大すぎるだろ。

記事を読む

NO IMAGE

読書家?

歴史小説しか読まないとか、ビジネス書と自己啓発書しか読まないって人は「読書家」「趣味が読書な人」じゃなくて、「歴史が好きな人」「ビジネス&自己啓発が好きな人」なんじゃないの? 

記事を読む

いがらしまり

いがらしまり

真理、真里、麻里……私の名前の正解は五十嵐「麻理」。植物の「麻」に理科の「理」だよ。Maria Garciaの「マリア」でもいーよ。関根麻里ちゃんは「里」だね。←笑顔が可愛くて大好き☆

記事を読む

NO IMAGE

ふじん

あー、えっとね(×)蒸気婦人 (○)蒸気夫人(※マダムの方だよ)いえい☆

記事を読む

NO IMAGE

恐怖による支配

親「ちゃんと勉強しないと将来困るよ」「ろくな人生にならないから勉強しろ(自分はやらない)」↑こーゆー「恐怖による支配」は全然有効じゃない。親「新しいこと身に付けるって楽しい!」「へえ、知らなかった。面白いな!」「一緒にやんない?」↑こっち方向の方が全然有効。

記事を読む

NO IMAGE

ため息

「給料は安いし税金は高いし犯罪は多いし政府はダメだし、お先真っ暗だ。はあ〜」こんなことばかり言ってて、子供が「早く大人になりたいな!」なんて言うと思う?毎日を楽しく生きるのは大人の義務。そりゃ生きるの大変だよ。でも武士は食わねど高楊枝。子供の前で溜息つくのやめよーぜ!

記事を読む

NO IMAGE

あいつばっかり

不当なバッシングが起こっている時、たいてい叩いている側は「あいつばっかりずるい」って思ってる。だって自分より不幸で可哀想な人を叩いたら、自分が極悪人になっちゃうからね。だから正当な理由なくバッシングされたら「ああ、この人は私よりも幸せだとは感じてないんだな」と思えばいい。

記事を読む

NO IMAGE

無条件で嫌いになる人

私が無条件で嫌いになる人の特徴。【1】子供を殴る大人 【2】犬を殴る人間 【3】返却期限が過ぎてるのに、図書館の本を返さない人

記事を読む

NO IMAGE

牛丼屋にて

牛丼屋にて夕食。カウンター席の隣はOL風二人組。とっくに食べ終わっているのに、声高に恋愛論を語っている。「イイオンナってのはさー」「だいたい男ってさー」……君たちねえ、そういうのはおしゃれカフェとかでやりたまえよ。こっちがいたたまれないじゃないか。

記事を読む

NO IMAGE

村上春樹さん

昔通ってたスポーツジムのプールに、たまたま村上春樹さんが来たことあるの。でも恥ずかしいから、泳いでたのを遠くでチラ見。以来「私、村上春樹と一緒に風呂に入ったことある」ってのが自慢(※風呂って言うか正確には「プールのジャグジー」)。

記事を読む

NO IMAGE

うつの人に

「そうだよね、うつの人に頑張れって言っちゃいけないんだから、私は何もしなくてよかったんだ」と彼らを無視した言い訳を自分にするのは嫌なんだ。あなたは大丈夫だよってことと、純粋に応援したい気持ちだけ伝えたいなあ。

記事を読む

NO IMAGE

忙しい

「忙しい、忙しい!」って言ってる人、本当に忙しいかな? もしフルで時間使っているなら良いのだけど、単に「何かやらなくちゃ、頑張らなくちゃ!」っていう「焦燥感」を「多忙感」と間違えているだけかもよ?

記事を読む

NO IMAGE

えいえいおー!

鬱病に関する知識が広まり「頑張る」という言葉が使いづらくなった(「すごく好きな言葉だけど)。かわりに「えいえいおー!」と言うようにしている。語感がユーモラスだし、いい年した大人が……って、ちょっとフフッ(´∀`)ってなるから。でも「フフッ(´∀`)」ぐらいがちょうどいいね。

記事を読む

NO IMAGE

日本文学と翻訳

翻訳されている日本の文学について. この30年間で出版された日本の本のうち、たった1.9%しか翻訳されていなんだって! 上っ面のクールジャパンとか言ってんじゃねー! こーゆーとこなんで力入れないのよ!世界に売り出せ! ニッポンの文学

記事を読む

NO IMAGE

アルフォート

あれっ? さっき食べ始めたアルフォートがもうなくなってるんだけど…….誰だー! 食べた奴はー!

記事を読む

NO IMAGE

命の期限

なんで日本ってこんなに遅れてるんだろうな. 悲しすぎる.『命の期限』いりません! 殺処分ゼロのドイツと16万匹が殺される日本の違い

記事を読む

KKKの休日

KKKの休日

カーニバルではしゃぐ、秘密結社・KKK団御一行様.

記事を読む

NO IMAGE

続ける人

したい人、10000人. 始める人、100人. 続ける人、1人.と言ったのは中谷彰宏氏であったな.

記事を読む

NO IMAGE

子供のころの写真

どうしようか迷った時に子供の頃の自分の写真を見るようにしている. 彼女が「やろう、やろう! 面白そう!」と言えば積極的に取り組むし、「ださっ!」と言えばやめる.

記事を読む

NO IMAGE

もったいない

「学校の成績が悪い」イコール「自分は勉強が嫌い」と思い込んだらダメだよー. もったいないよー.

記事を読む

NO IMAGE

ふなっしー口調

落ち込んだ時にふなっしー口調でひとりごと言ってると……だんだん楽しくなってくるなっしぃぃぃぃぃー!!!

記事を読む

NO IMAGE

日本人の英語苦手意識

日本人が英語苦手なのは、相手の「こいつ超バカなんじゃねーの?」という視線に耐えられないからってのもある. 幼児並みの英語しか使えないと、相手にバカと思われるのがもう、恥ずかしく辛くて苦しすぎんの. 日本語だとちゃんといろいろ考えてるんだよ!

記事を読む

NO IMAGE

小学生のアメリカ

小学生の時、たったひとりで飛行機に乗ってアメリカに行った. 英語ほとんど話せないし、日本語できる人周りに誰もいないしで、すごく怖かった. でもたくさんの親切な人に助けてもらった. だから日本に来てる外国人の人を手助けしたいんだよなー.

記事を読む

crazy cat lady

crazy cat lady

「近所に住んでる頭のおかしいババー」は英語で言うと、「crazy cat lady」がニュアンス的に近い. この手の老婦人はネコを大量に飼っているからである. いったい何匹飼ったらcat ladyの仲間入りであろうか. 5匹? 10匹?

記事を読む

NO IMAGE

もっと有意義なこと

君ねえ、自分以外の人間になろうとする努力なんてつまらんよ. もっと有意義なことに時間を使いたまえ.

記事を読む

NO IMAGE

勉強

「学校の勉強が何の役に立つの?」っていう子供には、「だって習ったり学んだりするの超楽しいじゃん」って私たち大人が言うしかないと思うんだー. 実際本当に面白いしね. 少なくとも私は「学校で教えてもらって損した!」ってこと、今までひとつもないよ.

記事を読む

NO IMAGE

ヽ( ・∀・)ノ● ウンコー

ツイッター始めたばかりの頃、下ネタ連発してたらフォロワーが50人減ったの. それからAmazonのウンコ系商品をたくさんツイートしたら「私のお薦め商品一覧がとんでもない表示に!」っていうコメントいただいたの.学習した. 今はちゃんと気をつけてる. ヽ( ・∀・)ノ● ウンコー

記事を読む

NO IMAGE

世の中

あなたはこう思う. 私はこう考える.それでいいじゃないかと思うのだけど、そうもいかないのがこの世の中. ま、しゃーない.

記事を読む

NO IMAGE

A rose by any other name

病名とか分類とか実にくだらん. そんな名前なんぞはどーだってよいわ.A rose by any other name would smell as sweet.

記事を読む

NO IMAGE

いきつけ

大戸屋、宮本むなし、ココ壱、ザめしやは、私の行きつけのお店です. シェフに顔も覚えてもらってるほど通ってます.

記事を読む

23andMe and Mari(ネアンデルタール人の血)

23andMe and Mari(ネアンデルタール人の血)

23andMeのAncestryの結果、私のDNAには3.2%のネアンデルタールの血が混ざっている. 一般の日本人は2.8%だから、ちょっとだけネアンデルタールの血が濃いね. 500年前のご先祖様の出身地も分かって面白い.

記事を読む

NO IMAGE

一番信用できない人間

私が高所恐怖症なのは、私が私のことを全く信用していないからである. 高いところに立っていると、うっかり飛んでみたりするんじゃないかと気が気でならない. やつならやりかねない. だから飛行機やビルは平気.

記事を読む

NO IMAGE

店主への挨拶に関する葛藤

うなぎを食べに行ったら帰り際に店主が挨拶に出ていらした. いつも迷う. 「美味しかったです」は子供っぽくて間抜け、「美味しゅうございました」というには私はまだ若すぎる. 早く年を取りたいとこういう時思う. ※「美味しかったです」は「昨日の遠足は楽しかったです」と書く小学生みたいだ. そもそも文法的に合ってるのか? また「美味しゅうございました」は60代以上のマダムにこそ似合う. 今の私では気取っているしウソっぽい. 結局「あの……そのとても美味しく……いただきました、ハァ」みたいなしょーもない挨拶に. 情けない.

記事を読む

NO IMAGE

もっと恐ろしげな言葉にしてはどうか

多分「ストーカー」は言葉の軽さも良くないのだろう. 清少納言は「苦しげなるもの. わりなくもの疑ひする男に、いみじう想はれたる女」と言っているが、千年経つんだしそろそろピッタリの言葉を作っても良いのでは.

記事を読む

NO IMAGE

トロッコ問題の思い出

大学の英語のディベートの授業でトロッコ問題をテーマに議論したことがあった. 私は突き落とすべきという立場だったのだが、他の学生は私以外全員反対の立場. 結局上手く説得できなかった. 今でも時々考えてしまう. トロッコ問題を知らない方は以下の2分間の動画を見てみよう.

記事を読む

NO IMAGE

聴き流すだけでペラペラ、なわきゃあるかい!

「聞き流すだけで話せるようになる」 のCM. 毎回見るたびに「嘘つくんじゃねえ!」と怒り心頭. 英検1級の私が断言する. ぼんやり聞いてるだけじゃ無理. それに話す能力と聴く能力は別. 聴くことで向上するのは聴く能力. それもある程度基礎力のある人が「真剣に一生懸命」聴く場合. 話す能力は話す練習をしてしか身につかない.

記事を読む

名前を書き間違えるということ

名前を書き間違えるということ

よく名前を書き間違えられる. 真理、真里、麻里……正解は「麻理」. 慣れっこではあるし特に怒ったりということもないのだが、何度かやりとりがある相手だといつ指摘して良いか悩む. 名前に関してはコピペが一番間違いがないと思う.

記事を読む

NO IMAGE

必死の笑顔

とんかつ屋さんの看板にはブタ、たこ焼き屋さんのはタコがよく描かれている. どのブタ、タコも満面の笑顔のイラスト. だがそれは、同胞が食べられる悲哀と辛苦を必死に隠した惨痛の笑顔なのである……と思ってみる.

記事を読む

犬って人がいいね

犬って人がいいね

犬があくびをするたびに歯がとても鋭いことに少しぎょっとする. その気になれば私など一噛みで殺せるだろうに、そうしないで何でも私に従ってくれるなんて、なんと犬はお人好しなんだろう. ……いや、お犬好しか.

記事を読む

マーメイドスノードーム

マーメイドスノードーム

人魚スノードーム. ウロコのようなラメが舞う. ガラスの中に世界が閉じ込められているモノを見るとワクワクする.

記事を読む

NO IMAGE

音はしたのだろうか?

朝に化粧をして誰にも会わず一日が終わり、化粧を落とすとき「誰もいない森の奥木が倒れた、さて音はしたのだろうか?」という哲学の問を常に思い出す. でもまあ面倒でもやるしかないんだろうな、自主規制として.

記事を読む

NO IMAGE

ぼんやりでどっきり

散歩の時、工作のアイデアに夢中で赤信号に気が付かなかった. 横断歩道に踏み出そうとして気付き、足を引っ込めた.すれすれに車が通り過ぎていった. 自殺だと思われている事故もこういうのが多いのかもしれない.

記事を読む

NO IMAGE

映画マニアのハードル

「映画が趣味です」と公言するのは相当ハードルが高い. 私は週3回DVD、BDを見ているけれど、映画マニアからすると鼻で笑われるだろう. おそらく週7鑑賞するだけではダメだ. 数ではない. 語れることだろうか.オーディオ、鉄道、アクアリウムなども趣味として公言できるハードルは高い. 逆に低いのって何だ? カフェ巡りとかリア充がやる趣味かな.

記事を読む

NO IMAGE

瞑想のススメ

毎日瞑想をしている. 最近瞑想中に、子供の頃の事を鮮明に思い出すようになった. 同級生の顔と名前が浮かんだり、小学校の通学路を映画を見ているように思い出したり. 脳は昔の記憶もちゃんと残してるんだな.

記事を読む

NO IMAGE

すぐやる──のはもう嫌だ

私が直したいと思っている口癖は「すぐやる」. はい、すぐやります. 今でもストップウォッチ片手に限界まで速く仕事をしているのに、これ以上スピードアップは無理. でも子供の頃からの口癖だからなんとか直したい.

記事を読む

NO IMAGE

着物を左前に着た人

着物が左前の人と道ですれ違った. 正しい対処法は「何もしない」. 往来で直すわけにいかないから、その人は着付けを直すまでずっときまり悪いまま過ごさねばならない. 指摘した人はすっきりするだろうが、本人は恥をかくだけなのである. 着物のお直しおばさんになってはいけない.

記事を読む

NO IMAGE

女性の証明写真・男性の証明写真

パスポートを作る時に思った事. 私を含め女性は「10年使うものだから」とかなり気合を入れて(化粧ばっちりで)証明写真を撮っている. だが多くの男性は無頓着に撮影. 寝ぐせついたままとか. 気にならないのかな.

記事を読む

NO IMAGE

ハトソングの謎

旅行にいくとその地のハトの鳴き声を聴く. 青森の戸来村でも沖縄の与那国島でも、ハトは同じメロデイで歌う. あのハトソングはハト世界のミリオンセラーなのかな. いったいどうやって共通の歌を歌えるんだろうか.

記事を読む

1 2 3 4 7