「 ◎管理人の頭の中 」一覧

NO IMAGE

秘密組織のリクルート

私が主催する秘密組織の会員の条件としてある技能が必要. その人の技術を見てから、そっと声をかけるのである. 地道なリクルート活動だ. なんたって秘密組織だからな.

記事を読む

NO IMAGE

秘密結社計画

目的も入会資格も書いてないのに、秘密結社への申し込みメールを下さった諸君、ちょっと待ちたまえ. 世界征服を企む悪の枢軸だったり、入会金が5億円だったらどうする気だ. 秘密結社だから内容は秘密なのである.

記事を読む

NO IMAGE

秘密結社の作り方って?

秘密結社を作ることにした. でも秘密だから今のところ会員は私一人だ. 一応Googleで同じ名前の秘密結社がないかどうかも調べた. 問題はどうやって会員を増やすかだ. 秘密だからメンバーの公募ができないのである.

記事を読む

アジサイみたいな水泳帽

アジサイみたいな水泳帽

昔の映画とか写真でみるような、アジサイ型水泳帽を探していた. 日本でもあることはあるのだけど、好きな色がなくて困っていた. でもやっと海外の通販サイトで見つけた. これとても可愛いしもっと流行んないかなあ.

記事を読む

NO IMAGE

猫婆さんは何匹の猫を飼っているのか

昔家の近くに猫ばあさんという老女がいた. 結構な数の猫を飼っていて近所から迷惑がられていた. だが何匹を超えると多すぎると感じるのだろうか?まきこみ計画 :: ペットのネコは何匹目から多すぎると定義されるのか? 猫の許容数についての数式. 確かに7匹は多すぎる.

記事を読む

NO IMAGE

ネットの価値観

リアルの世界では「何者であるか」が重要だが、ネットの世界では「何を成し遂げたか」の方が評価される. ネット世界にリアル世界の価値観を持ち込んで大暴れしている人を見ると、滑稽を通り越して哀れに思う. ※ネットの世界の方がリアルの世界よりもシビアに行動が評価される. 「自分の方が年長者だ」「私の方が若い」「俺は男だぞ」「一流会社の社員だ」. 年齢、性別、家柄、国籍、所属……そんなことはネットの世界ではたいした価値はない. たとえ小学生だろうと偉業を成し遂げれば大人にも尊敬されるし、年配者だろうが中身が空っぽなら若者に見向きもされない.

記事を読む

NO IMAGE

want to be=want to do?

夢が叶わないという人は「〜をしたい(want to do)」でなく、「〜になりたい(want to be)」と思っていないだろうか. これだとwant to doとwant to beがイコールでないことが多いので夢が叶いにくい.例えば. 作家になりたいという願い. お金が欲しい、尊敬されたいから作家になりたいという場合はwant to be≠want to doで願いがぶれているから叶いにくい. どうしても書きたいことがあるという場合はwant to be=want to doとなって願いは同じ方向のベクトルを向いているから叶いやすい. アタリマエのことだけど混同している人が意外に多

記事を読む

NO IMAGE

鼻炎もちだけの特権

年中アレルギー性鼻炎に悩んでいるが、時々薬を使わなくても鼻が通ることがある. そんな時無常の喜びを感じる. でもアレルギーのない人は息を吸う幸せを毎日感じていないだろう. だから鼻炎もちだけの特権とも言える.

記事を読む

NO IMAGE

いつか

いつかやりたい、いつか行きたい──と「いつか」が口癖になると、腰が重い人間になってしまう. 「いつか」なんて、ただ待っていても決してやってこない.

記事を読む

NO IMAGE

胡蝶の夢

物音一つしない静かな場所にいると、誰かが「おーい」と私を呼んでいるような気がする. 単に気のせいだが.でも本当の私は病院のベッドで長い長い夢を見ているのであり、家族か誰かが私を呼び続けているのかもしれないな.

記事を読む

NO IMAGE

荒んだ家

ニュースで殺人など事件が起こった家の映像が流れる. そんな家の外観は荒んでいることが多い. 玄関にゴミが放置されていたり、草ぼうぼうだったり. 人が荒んでいるから家が荒れるのか、荒んだ家が犯罪を招くのか.

記事を読む

NO IMAGE

はなまるうどんのプレッシャー

はなまるうどんでの緊張感が半端ない. 「温玉ぶっかけの小、暖かいの、ねぎあり」ただこれだけなのに、タイミング良くかまないように言わなければとプレッシャーを感じる. 言えた時の安堵感でさらに美味しく感じる.

記事を読む

NO IMAGE

悪用すんなよ!

日本珍スポット100景の記事で紹介した写真復元ソフト「ピクチャーレスキュー」. 盗撮マニアの必須アイテムだったのか. 悪いこと考える奴がいるなあ. 女性は知っておいたほうがいいね. 

記事を読む

NO IMAGE

コーンポタージュ缶の憂鬱

月末まで猛烈に忙しい. この時期唯一の息抜きは犬の散歩の途中にコーンポタージュ缶を飲むこと. だがコーンを最後まで食べ切ることが難しい. 常に缶を回し揺さぶりつつ飲めばいいのだろうか. 研究の余地あり.

記事を読む

暗号?Agnes SPYの1万円札

暗号?Agnes SPYの1万円札

不思議な1万円札が手元にある. 裏側の右隅に「Agnes SPY」と青文字で書かれている. スーパーで支払いをしようとした時に発見したので、ひょっとして偽札かと思い別のお札を使った. いったいこれ何だ?

記事を読む

NO IMAGE

考えが読まれてる!

道を歩いていたら、タイトなシルエットのドレスを着たお姉さんが歩いてきた. スタイル良くてカッコいいなあと思ったら、彼女がハッとしてこちらを見た. どうも考えが無意識に口から出てたみたい. 走って逃げた.

記事を読む

NO IMAGE

スマート家電

パナソニックのスマート家電. スマートにもクールにも思えぬ. 「クラウド上のデータを元に、適正な洗剤や柔軟剤の量を設定できる」ってそこまで厳密に洗剤の量を測ったこと一度もない.

記事を読む

NO IMAGE

おじいさんキャラ

サンタクロースや子泣き爺は生まれた時からおじいさんだったのだろうか、それとも最初は子どもだったのだろうか. いきなり老人として生まれたら、懐かしく思い出す子ども時代が全く無くてちょっと気の毒だと思う.

記事を読む

NO IMAGE

あせもに海水?

数カ月前から首にできたあせもに悩まされていた. だが旅行中に毎日海に入っていたら綺麗サッパリ治ってしまった. 本当に不思議だった. 海水があせもに効くというのは昔からある民間療法. 科学的根拠はないけどね.

記事を読む

NO IMAGE

溺れる夢

最近よく溺れた時の夢を見る. 留学先していた17歳の時湖で溺れかけた. 水底から見る太陽がどんどん遠ざかり、あたりが暗くなる. 全く苦しくないけれど「これが最後に見る光景だから記憶せねば」と私は焦っている.

記事を読む

NO IMAGE

徹夜

久しぶりに徹夜で作業をしてしまった. 子どもの頃は徹夜をすると親に起こられるので仕方なく寝ていたが、やりたいことが多すぎて暗闇で横になっているのが苦痛で仕方なかった. 子どもは年がら年中躁状態だからなあ.

記事を読む

NO IMAGE

膏薬はってどこいくの

ひどい頭痛がするので膏薬を首に2枚貼って横になった. しばらくしたら痛みが和らいだので愛犬の散歩に行った. 帰った後鏡を見て、首に膏薬を貼ったままなのに気づいた. タンクトップで膏薬が丸見えだった. 凹んだ.

記事を読む

NO IMAGE

浅草サンバカーニバル

浅草サンバカーニバル. 私も昔は毎年、巨大な羽を背負って浅草でサンバステップを踏んでいたのである. 遠い昔のような気がする. 他のパシスタは今どうしてるのかな. いいお母さんやってんのかな.

記事を読む

NO IMAGE

心霊特集

昔は夏によく心霊特集をやっていて、怖いもの見たさで楽しみにしていたのだけど、最近はめっきりやらなくなってしまった. 怖い話で涼しくするという発想がとてもユニーク(落語からの流れ?)なのにもったいない.

記事を読む

NO IMAGE

大人の国のこども

こどもを見かける度に、彼らの適応力に驚く. 私が身長3メートルの巨人の国で暮らすことを考えると、顔を洗うのも階段をのぼるのも椅子に座るのもすべてが難儀だろう. しばらくすると慣れるものなのだろうか?

記事を読む

NO IMAGE

トイレの夢を見る

トイレを探す夢をよく見る. たいてい広大な建物の中で必死に探すのだけれど見つからなかったり、トイレが壊れていたりで右往左往する. 実際生理的にトイレに行きたくない時にも見る. 幸いにして漏らしたことはない.

記事を読む

NO IMAGE

兵士の人生

戦争シミュレーションゲームが苦手. 送り込んだ兵隊が全滅したりすると、みんな奥さんや恋人、家族がいただろうに……と凹むからだ. 私が女だからだろうか? 「兵は死んだが占領に成功したから良し」とはあまり思えない.

記事を読む

NO IMAGE

裸ビキニ

通販で水着を買った. デザインが気に入って購入したのだが、届いた後でしまったと思った. 色が肌色に近いベージュだったからだ. モデルさんの写真では気が付かなかったが、遠目で見ると真っ裸に見えてしまうよ!

記事を読む

NO IMAGE

物は連鎖的に壊れる

壁の鏡が落ちたのに続いて、炊飯機が壊れ、芝刈り機も動かなくなった. 単なる偶然にせよ家の中のモノは連鎖するように壊れるとよく言う. 「壊れる」「連鎖」などで検索すると結構みんな同じような体験をしているね.

記事を読む

NO IMAGE

殻の埋葬

メダカ水槽で飼っていた石巻貝がお亡くなりになったので、空っぽになった殻を庭に埋めた. あれ、まてよ. でもアサリの酒蒸しを作った時には殻は普通にゴミ箱に捨てたっけ. アサリも庭に埋めるべきだったのだろうか?

記事を読む

NO IMAGE

蕎麦屋の葛藤

お蕎麦屋さんでは音をたてるべきか、静かに食べるべきか葛藤する. もそもそ食べるのは美味しそうに見えない. しかし音をたてる方が粋とは言うものの、女性が蕎麦をすするのはどうなのか. 悩んで蕎麦の味が分からぬ.

記事を読む

NO IMAGE

「楽しく学ぶ」と「学ぶと楽しい」

「楽しく学ぶ」ということは、高度なメディアやコミカルな寸劇、カラフルな教科書──によるものではない. 学問は自分の力で学び、成長があるから楽しい. 楽しさは人から与えられるものではなく、自分で作るものだ.

記事を読む

NO IMAGE

本は高いか安いか

本は高いのだろうか? 本によって情報が頭に入ったり、他人の人生を脳内で体験したりできるから私は安いと思うのだが. 本は高いという人は紙でできているローテクメディアのわりに高いということなんだろうか?

記事を読む

NO IMAGE

日々是冒険

冒険のない人生は考えられない. 安定した生活は不安はないが、心がしぼんでしまう. 私はまともな大人が馬鹿らしいということに時間とお金と労力を使い続ける.

記事を読む

NO IMAGE

建物の名前

散歩をしていると建物の名前が気になる. 最近のマンションのトレンドはフランス語やスペイン語らしい. 希望荘とか幸福荘みたいな名前のアパートが今流行らないのは、かえって幸薄そうに見えてしまうような気がするからだろうか.

記事を読む

NO IMAGE

霊なんていない

夜に愛犬と公園を散歩. 4台並んだブランコのうち左から2番目のものだけがかなりの勢いで揺れている. 風はない. 周りを見渡しても子どもの姿はない. 愛犬とジッと数分揺れるブランコを見つめていた.

記事を読む

NO IMAGE

買うのはこっち

某大型家電店に旦那様とiPadとミラーレス一眼を買いに行った. 店員がスーツ姿の旦那様にばかり話しかける. おい、ちょっと待て. 使うのもお金を払うのも私だよ. まあ、みすぼらしいカッコしてた私も悪いが.

記事を読む

NO IMAGE

スガキヤの周期

どういう訳だか時々無性にスガキヤのラーメンが食べたくなる. 290円だからラーメンというより愛知県民にとってはスナックだが. そして食べてしまうとしばらくはもういいと思う. その周期はだいたい1ヶ月である.

記事を読む

NO IMAGE

工作のコツ

私の工作のテクニックは小学校・中学校の図工の時間に習ったものばかりだ. 工作に必要なのは技術や手先の器用さよりも、完成させる粘り強さ. ゲーテが言うように「いそがずに、でもなまけずに」作り続けることだ.

記事を読む

NO IMAGE

巨漢とチワワ

犬の散歩をしていたら、巨漢でコワモテのお兄さんがちっちゃいチワワを散歩させていた. 私と目が合うと笑顔で会釈してくれた. 彼はチワワの歩調に合わせてチョコチョコ歩いていた. 首輪を見ると、チワワの名前はタイガーだった.

記事を読む

NO IMAGE

日本のSFはなぜ衰退したの?

あるブログに「日本人役者によるSF映画はうそ臭い」とあった. 日本はアニメやゲームの分野ではSFは大きく発展したのに、なぜ映画では衰退してしまったのだろうか. 単に予算の問題だけではないような気もする.

記事を読む

NO IMAGE

工作は片づけに始まり片付けに終わる

工作は片づけに始まり片付けに終わる. 工具や材料が散乱していると危険だし、モノを探す時間がもったいない. 最悪なのはせっかく湧いたアイデアが霧散することだ.

記事を読む

体に悪い趣味

体に悪い趣味

現在工作の真っ最中. スチロール板の削りだし、スプレー塗装. いくらマスクをしていてもいくらかは吸い込んでいるだろう. 工作は健康に悪い. おそらく体への悪影響は喫煙とそんなに変わらないのではないだろうか.

記事を読む

NO IMAGE

恥の多い人生

夜中に昔のブログの文章など読むと、ハリウッド俳優ばりに左右の腕をクロスにして窓を叩き割って飛び出したいほど恥ずかしくなるが、たいてい人は他人のことなどたいして気にしていないし、すぐ忘れてくれるから大丈夫(のはずだ).

記事を読む

NO IMAGE

週末は雨

今週末も雨模様. なんか平日はからっと晴れるのに、週末ばかり雨になっているような気がする──と思ったらちゃんと調べている人がいた. 「週末ばかり雨は、気のせいか」によるとやっぱり名古屋は雨が多いのだった! 

記事を読む

NO IMAGE

嫌いより好き

あれは嫌い、これは間違っている──と否定形の人がいる. 物事を斜めに見られる自分カッコいい(キリッ と考えているのかもしれないが、実際は自分はこれが好きで仕方ないと情熱を傾けている人の方がずっとカッコいい.

記事を読む

NO IMAGE

チャンネルを変える

単に私の知り合いだけかもしれないが、なぜ男性はチャンネルをカチャカチャと変えるのだろうか? 「1秒でも面白い番組を見逃すまい」または「1秒でもつまらないものは見たくない」という心理だろうか. まことに落ち着かぬ.

記事を読む

NO IMAGE

職務質問

職務質問を受けたことがない. 女性には職質をしない決まりなのだろうか? 深夜怪しげに目を泳がせて無灯火で自転車をこげば職質してもらえるのだろうか? 人として生まれたからには一度は経験してみたい. あとこの本読みたい.一般人でも入手できる警察の職務質問マニュアル (ヒロイモノ中毒) 

記事を読む

NO IMAGE

東西盲

生まれてから随分経つのに、まだ西と東の判断がとっさにできない. 北と南は分かる. だが西と東を判断するのに3秒ぐらい時間がかかる. 理由は頭の中でバカボンの歌を一回歌ってその反対だなと考えているから. あと旦那様は左右盲. いつも右と左を言い間違えるので、脳内で左右を逆に判断して話を聞かねばならぬ. 夫婦揃ってダメだこりゃ.右と左がとっさに判断できない「左右盲」の苦悩右と左がとっさに判断できない「左右盲」の苦悩/

記事を読む

NO IMAGE

誰がために?

ブログをやっているのは何のためかというと、自分自身のために書いているんだろうなあ. 世界のどこかにもう一人自分がいて、その人が面白がって読んでくれるように書く. 全ての人が面白く思う文章を書くなんて無理だしね.

記事を読む

1 2 3 4 5 7