「 ◎管理人の頭の中 」一覧

NO IMAGE

遠回りの時代

ネットによってずいぶん効率が良くなったのは確かだけど、全くネットがなかった時代も好きだ. のんびりと遠回りすること、足で移動すること、手を使ってものを作ることがそれほど面倒だと思わなかった時代だから.

記事を読む

NO IMAGE

去年の今日の私

眠る前に5年日記をつけている. 去年の今日何をやっていたか毎日読むのが楽しい. どんな辛いどん底の日でも、良かったことをひとつ探して書く. だから去年の私は毎日幸せだったんだなあと思いながら眠りにつく.

記事を読む

NO IMAGE

事故現場の撮影

事故現場で携帯写メを撮っているやからを嘆かわしいと思っていた. だが事故を目撃してから考えを変えた. 事情聴取されても気が動転していて全く現場の状況を覚えていなかったから. 今後は積極的に現場写真を撮りたい. 言うまでもないが、警察、救急車を呼び、人名救助を最優先にしてからの話.

記事を読む

NO IMAGE

苅野勉三25歳

苅野勉三さん. 六浪の末、高尾大学経済学部に入学した25歳. いつもキテレツをはじめ小学生たちとつるんでいる. 今の時代通報されかねないが、大学に友人がいないボッチなんだろうか. 彼には非常に親近感を覚える.

記事を読む

NO IMAGE

主役の目を見ろ

テレビで通訳を挟んだ外国人へのインタビューを見る度にヤキモキする. インタビュアーが主役を無視して通訳者の方ばかり向いて話すのを見ると特に. 通訳は主役ではない. たとえ言葉が通じなくても相手の目を見て話して欲しい. 失礼極まりない.

記事を読む

NO IMAGE

英語の目標

どんな内容の映画でも一言一句理解できる、あらゆる知的レベルのネイティブと不自由なく日常会話が楽しめる──といった英語習得レベルは、「アメリカの 大学院で学ぶ」「英検1級、TOEIC900点以上取得」よりもはるかに高い. 現実的な目標としては例えば、「5分間英語で自己紹介をする」「英語のセンテンスを100覚える」などが良いのではないだろうか.

記事を読む

NO IMAGE

びっくりにびっくり

ある人から「びっくり」の語源を聞いた. ドイツ敗戦の時ドイツ兵がWirklich(ビルクリッヒ)と叫んだからとか. そんな訳ないと調べてみたらクイズ番組のデマらしい. キャッチーな情報ほど疑う必要がある.

記事を読む

NO IMAGE

燕尾服を着たい

タキシード向上委員会、タキシード、燕尾服  女性のタキシードや燕尾服のセミオーダーができるサイト. いいなあお金貯めよう. 一生の間で一度だけでも着てみたいと思っている燕尾服. 男性服の中でも最も美しいシルエット. 上手く言えないけど、男装やコスプレしたいわけじゃないんだよなー.

記事を読む

タキシード(?)仮面

タキシード(?)仮面

非常に気になること. 『美少女戦士セーラームーン』のタキシード仮面様が「燕尾服」を着ていること. タキシードと燕尾服は、形も着るシチュエーションも全く違うよ.とは言え「燕尾服仮面」という名前はビミョー.

記事を読む

NO IMAGE

英語の筆記体

最近の授業では指導を省略しているらしい. ()20年前のアメリカでも筆記体で書いているアメリカ人はほとんどいなかったし、もう必要ないのかな. 使うのはサインをするときぐらいか. 素早く書けるので重宝するんだけどね.

記事を読む

NO IMAGE

ベッドでじたばたした

ラーメン屋さんで向かいにイケメンのお兄さん(向井理似)が座った. 私が水を注ごうとしたら「水取りましょうか?」と言ってくれたのに、私が返した言葉が「ふひ、へへ、サーセン」キモイ、キモすぎる!

記事を読む

NO IMAGE

しゃっくりの止め方

夜中しゃっくりが止まらず困ってしまった. 以前読者の方に「砂糖を一さじ喉の奥に流し込むと止まります」とアドバイスをもらったのを思い出し、やってみた. 一瞬にして止まった. 素晴らしい! いったいどうして!?

記事を読む

NO IMAGE

なんでそんなハイレベルの目標を?

字幕なしで映画を見られる、日常会話ができる程度──を英語学習の目標にするのは危険だ. 挫折の可能性が高い. これらは「英語で食べているプロ」のレベルだからだ. もっと現実的な目標設定をした方が良いのでは.

記事を読む

NO IMAGE

ツイッターはファストフード

「ニュースサイト?なにそれおいしいの?」「ファーストフード的Twitterの出現で従来のBlog読者が減っていくことを個人的に危惧」に同感. 確かにツイッターに書いてしまうと表現欲が満たされてしまう.

記事を読む

NO IMAGE

ラジオ体操

ラジオ体操の歴史. 毎朝公園で多くの人がラジオ体操をしている. 大人が真剣にやるとかなりの全身運動だ. 子供がかったるいと思うのは当然. 走り回ってるんだから、子供にゃ必要ない. ラジオ体操は大人のためのもの.

記事を読む

NO IMAGE

夫婦の会話

ここ数ヶ月平日に旦那様とほとんど顔を合わせることがない. お互い仕事が忙しいし、生活時間帯が全く違うので仕方がないが. 明治安田生命のアンケートによると「平日会話なし」の夫婦は2.2%. 由々しき問題である.

記事を読む

NO IMAGE

メモを取らない人

メモをとらない人は自分の脳に自信があるのかもしれない. このくらいの事は覚えていられる──と. でも本当に? 一説には人間の脳は一日に5万回以上思考すると言われる. せっかくのアイデアがどんどん消えちゃうよ. 追記……読者のmyuさんより「一説には人間の脳は一日に5万回以上思考すると言われる──とありますが、これはどこからの一説ですか?」というご質問を頂きました. 出典は 『1分間シンプル手帳術』(清宮まさよし)の30ページに書かれていました. ただ読み返してみると科学的データの出典がなかったので、でひょっとしたら俗説なのかもしれません. しかしながら、 『心がフッと軽くなる瞬間の心理学

記事を読む

NO IMAGE

つのだじろうの描く男子キャラ

爆笑問題カーボーイの投稿で「つのだじろうの『恐怖新聞』の主人公の実写版は杉村太蔵」とあり、以来『うしろの百太郎』を始め、つのだキャラが杉村太蔵氏で脳内再生されるようになってしまった. どうしてくれる.

記事を読む

NO IMAGE

もし異性に変身したら?

「突然異性に変身したらどうする?」という質問に男性は、露出の激しい格好をして街を歩く、AVに出演して大金を稼ぐ、たくさんの男とつきあうなどと言うが、なぜ自分が「美人」になると確信しているのだろう?

記事を読む

NO IMAGE

好き嫌い

よく「好き嫌いを言うな」というが、「好き」は積極的に言った方が良いと思う. ワクワクしつつ好きと言えば、相手にもポジティブな気持ちが伝染する. しかし私は「嫌い」という言葉は極力使わないようにはしている.

記事を読む

NO IMAGE

食べやすい

サンマを食べるたびに「なんて食べやすい構造をしているのか. 食べられるために生まれてきているのだろうか」と思う. この広い宇宙には「人間は食べられるために生まれてきたみたい」と思う生物もいるのだろうか?

記事を読む

NO IMAGE

江戸人の荷物

江戸関連の珍スポットで当時の長屋の再現を見ると、驚くほど荷物が少ない. 布団を除けば、全荷物を風呂敷で包めるほど. なかなかそこまでは断捨離できぬ.

記事を読む

NO IMAGE

一生に一台

ドーキンスじゃないけど、身体は一生に一度しか持てないクルマと同じ. 1台だけのクルマなら常に磨き上げ、丁寧に運転するに違いない. 身体はクルマよりパーツ交換が難しいからメンテナンスを怠らないようにしたい.

記事を読む

NO IMAGE

女子の国

夜カフェとやらに行ってみたところ、店のお客さんが全員女性だった(それぞれ別のグループ). 週末も最近流行っているスポットはどこも若い女性ばかり. いったい世の中の若い男性はどこに生息しているのだろうか.

記事を読む

NO IMAGE

張り切ろう

あるサイトで「頑張ろう」でなく「張り切ろう」と言った方が良いと書かれてあった. なるほど「頑張る」は疲れている時には辛いが、「張り切る」は元気がみなぎってくる気がする. 早速今日からそうすることにした.

記事を読む

NO IMAGE

分かっちゃいるけど

庭仕事は私の役割なので庭の芝刈り. 電動芝刈り機の刃の手入れの時、何度も電源コードが抜けているのを確認しているのに、急に動き出さないか不安になってしまう. 頭で分かっていても心が怖がる.

記事を読む

NO IMAGE

毎日3つ捨てる

HDDクラッシュで学んだことは「形あるものはいつか壊れる」である. データでさえ永遠ではない. 以降最小限のモノで暮らすために毎日3つのモノを捨てる習慣がついた. 残ったものを大切にして生活.

記事を読む

NO IMAGE

クラシック・ラテン音楽

ノルウェイのHovedøen social clubとSverre Indris Jone氏による、クラシック音楽のラテン化プロジェクト. サルサやチャチャチャなどになったアイネ・クライネ・ナハトムジーク、交響曲第5番「運命」など楽しい.その他の曲 ■美しく青きドナウ(ヨハン・シュトラウス2世)■G線上のアリア(バッハ)■交響曲第5番「運命」(ベートーベン)■カルメン「ハバネラ」(ビゼー)■くるみ割り人形「金平糖の精の踊り」(チャイコフスキー)

記事を読む

NO IMAGE

自閉症スペクトラム指数自己診断

ある読者さんから「アスペルガー症候群では?」とご指摘され、自閉症スペクトラム指数自己診断を教えてもらった. 点数は37点だった. 実はこのようなご指摘は2度目. 私の文章でも分かるぐらいの症状なのかな. ※特に私自身はそれほど困っていないので治療(ができるのかどうかも知らないけど)は考えてません. でも周りの人が迷惑するぐらいのレベルでしたら検討してみます.

記事を読む

NO IMAGE

すてきな三にんぐみ

早朝犬の散歩をしていたら、模型飛行機を飛ばしている年配男性3人組がいた. 滑空する飛行機を眺める顔が輝いていて、実にカッコよかった. 思わず話しかけた. こういうおじいさんになりたいと思った. 私、女だけど.

記事を読む

NO IMAGE

繁盛店の理由

最近よく行く2件のラーメン店. どちらも流行りの魚介系で味も変わらない気がするのに、一方は繁盛していてもう一軒は空いている. 繁盛店は店の清掃が徹底しているのだ. こんなことでお客を逃がすのはもったいない.

記事を読む

いぬのきもち

いぬのきもち

犬の散歩をしている時にふと思う. 毎回素早く犬の排泄物を回収する人間を、犬はどう考えているのだろうか? ひょっとして「ご主人様はものすごく犬の排泄物が好きなんだな、おいしいのかな?」と思われていないだろうか?

記事を読む

NO IMAGE

喜びと悲しみ

夏は明るく輝かしい季節であると同時に、悲しい季節でもある. 原爆、終戦、日航機墜落事故. 死者の魂が帰ってくるお盆の時期でもあるからだろう. 喜びの中にも一抹の寂しさを感じる、日本人独特の感性もあるのかも.

記事を読む

NO IMAGE

へのこって……

米軍基地移設問題でよく耳にする地名「辺野古」. 女性アナが「へのこ」という度に私は妙な気持ちになる. というのも、へのことは古語で「男性器」のことだからだ. 田縣神社のお祭りも「へのこ祭り」って言うしね.

記事を読む

NO IMAGE

ノンアルコールでも無理

一滴も呑めない完全下戸. 一度でいいからビールをゴキュゴキュやって「くはーっ!美味い!」という体験をしてみたかったので、ノンアルコールビールを飲んでみた. 苦い……. くはーっ!は無理だったか.

記事を読む

今日一日だけイタグレ

今日一日だけイタグレ

犬の散歩をしていると、デート中の彼氏の方が「イタグレですよね」と話しかけてきた. 「人気の犬種なんだよ」「へえ、犬の事詳しいのね」と始まってしまったので、とうとう最後までウィペットですと言えなかった.

記事を読む

NO IMAGE

物欲戦隊

最近の子供向け特撮を見てると、ちびっこの物欲をあおるのが上手いなあと思う. ヒーローが持つ武器やメカがやたら多いし、CMの関連おもちゃがやたら精巧だし. お父さんお母さんも大変だ.

記事を読む

NO IMAGE

帽子ブーム

最近の中折れ帽ブームは大変喜ばしい傾向だ. 一昔前は磯野波平氏のようにみんな被ってたのにどうして廃れてしまったのか. もっと時代を遡って、ダービーハットやカンカン帽なども流行ればスチームパンク的に嬉しい.

記事を読む

NO IMAGE

ダンス音楽の憂鬱

カフェやレストランでダンス音楽がかかっていると胸が締め付けられるような思いがする. 結婚に関してほとんど不満はないのだが、旦那様が全く踊れないのが残念だ. 今後の人生は競技会もステージも無縁なんだなと悲しい.

記事を読む

NO IMAGE

何もしないをしてるんだよ~~

クマのプーさんのように、今日一日「何もしない」をしてみた. だがやっぱり何もしないのは難しく、うっかりしていると細々とした家事やらネットやら何かしてしまうのだった. プーさんの域に達するには修行が足りぬ.

記事を読む

NO IMAGE

執事と運転手の名前

私の場合、執事の名前と言ったら断然スティーブンス(※『日の名残り』). 運転手の名前だと日本人では青木. 歴代の総理の運転手に3人青木がいるからと聞いたからだ. でもソースが見つからない. こういうのどうやって調べんるんだ?

記事を読む

NO IMAGE

キリの良い数字

地球33番地の記事でキリの良い数字について書いたところ、1024もそう感じるというご意見を頂いた. 確かにコンピュータ関連の仕事をしているとそう思う. 人によっては素数もキリが良いのかも. 数って面白い!

記事を読む

NO IMAGE

パチスロと懐かしアニメ

テレビから昔懐かしいアニメの主題歌が流れる. 「おっ」と思って見るとパチンコやスロットのCMだったりして寂しい気持ちになる. 偏見かもしれないが、子どもの頃の想い出がギャンブルの道具にされたようで悲しい.

記事を読む

NO IMAGE

間違えるなよ

間違えて男性トイレに入ってしまった. 考え事をしていたというのもあるが、小便器がない全個室タイプのトイレだったからである. 個室から出た後に男性が入ってきて気がついた. 完全に痴女. どっと冷や汗かいた.

記事を読む

NO IMAGE

ご馳走って……

龍宮城について調べていてふと思った. 童謡「浦島太郎」の2番は「乙姫様のご馳走にタイやヒラメの舞い踊り」だが「ご馳走」っていったいどんな? ひょっとしてタイやヒラメなど魚介類だったりして. はは、まさかね…….

記事を読む

NO IMAGE

PJは肉食系の香り

PJ(ピーチジョン)のカタログに掲載されている下着のコピーが秀逸.強いまなざしで着こなすあやういトライアングル自分史最深の谷間をメイクスカートの下に閉じ込めておくのは罪聖なる夜のセクシーフェアリーホリディのスウィーツはフリルで飾ったファンキー・ヒップ胸にはじけるプチハート!ラブリールックと深き谷間の小悪魔マッチひらりとまなざしを翻弄 遊び心誘うフリル尽くし濃厚名コピーである.

記事を読む

NO IMAGE

私の人生を豊かにする?

「整理をするときには『これは私の人生を豊かにする?』と問う」という記事にはっとさせられる. 特に「豊かにした?」という過去形の質問でないことに. 掃除をする時には呪文のようにこの言葉を口にしてみよう.

記事を読む

NO IMAGE

心霊特集

私が子どもの頃は、お盆前後に心霊特集のテレビ番組をよく放映していた. でも最近あまり見かけないのはなぜなんだろう? 私自身特に霊の存在を信じているわけではないが、夏の恒例行事だったのでちょっと寂しい.

記事を読む

NO IMAGE

ATM画面の銀行員

三菱東京UFJ銀行のATM画面に出てくるイラストの男女. 彼らはなぜあんなにショボショボの絵なのか. 現代のイラストの主流とは真逆の脱力画だ. あれだけの大銀行なら莫大な予算でシステムを作っているはずだが.

記事を読む

NO IMAGE

名前の連呼

大音響で選挙カーが行き交っている. ただでさえ暑さで不快指数が高いのに、名前の連呼は住民の怒りを買うだけだろうに……と思ったら、法律で連呼しかできないことになってるのね. 全く古くさくて馬鹿馬鹿しい. 

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7