「 ◎管理人の頭の中 」一覧

NO IMAGE

分からない人

アンケートの回答では必ずある一定数、「分からない」と答える人がいる. 「あなたは何歳?」というごく単純な質問でさえ少数ながら分からない人がいる. 「アンケートが面倒だった」という答え以外の理由が知りたい.

記事を読む

NO IMAGE

英語の動機

「道を聞かれたら困るから」という理由で英語学習を始める人がいるが、年に数回あるかないかの可能性のために毎日数時間を割けるか疑問だ. 「恥をかきたくない」という動機もネガティブすぎるのではないだろうか.

記事を読む

NO IMAGE

女性の視点による政治

選挙カーで「女性の視点」をやたらと強調している女性候補. あなたの売りは女性性だけなのか. 志の低さに呆れる. 政治家として優秀であれば性別は関係ない. いつになったらこういう宣伝文句がなくなるのか.

記事を読む

NO IMAGE

ごへんじ、おへんじ

メールを書くとき、あなたは「ご返事」派だろうか、それとも「お返事」派だろうか? どちらでも良いみたいだし双方支持理由があるようだが、私は「ご返事」派. 一番無難なのは「御返事」と漢字で書くことだろう.

記事を読む

NO IMAGE

自転車の鈴

自転車のカゴに鈴をつけている人を見たので私も真似してみた. 自転車のベルをならすのは違法だが、これだと常にチリチリ音がする. 前を歩いている人が気づいてくれて危険を回避できる. 良いアイデアだと思った.

記事を読む

NO IMAGE

料理下手

料理が下手という人ほど目分量で、独創性を出そうとしている気がする. なぜレシピの通りの分量、手順で作らないのか? マニュアル通りにすればおかしな味にはならないはずなのだが……. 独創性は基本を抑えてから発揮してほしい.

記事を読む

NO IMAGE

近所のラーメン屋

近所のラーメン屋. 私はとても美味しいと思うが、店の前を通るといつもお客さんがいない. いったいどうやって店を維持しているのか. でも山田真哉公認会計士の1日10人入ればやっていけるという話を読んで一安心. 

記事を読む

NO IMAGE

看護婦さんと看護師さん

「看護婦さん」が「看護師さん」になって久しい. だが病院で呼びかけるときには今でも戸惑う. 「看護師」を使うべきなのは理解しているが、実際の現場ではどうなのか、看護師さん自身はどう考えているか気になる.

記事を読む

NO IMAGE

死後の世界

日本神話では死後は黄泉比良坂でつながった黄泉の国に行く. イザナギも走って黄泉から逃げ帰っている. つまり地続きで歩いていける世界. 現代の死者は上空に登っていくイメージ. いつごろからそうなったのかな.

記事を読む

NO IMAGE

全裸スリラー

「全裸スリラー (Thriller in the Nude)」という作品. 意外に完成度が高くて驚いた. こういうの見ると男性がうらやましい. 女性の全裸はウエットすぎて笑いに向かないしね.

記事を読む

NO IMAGE

完全武装

日差しが強くなり、紫外線対策をしている女性が目につくようになった. しかしマスクにサングラス、長手袋、日傘で完全武装の人を見ると、えらいなあと思う反面「そこに美はあるのかい、セニョリータ?」と思ってしまう.

記事を読む

NO IMAGE

アボカド

アボカドの食べ方が分からなかったのでネットで調べてみた. アボカドの語源が「睾丸」であることを知って驚いた. 意外なことが分かって面白かったが、食べる気が起きなくなった. ちなみにアボガドでなくアボカド.

記事を読む

NO IMAGE

Stop the Eco

散歩してたら胸にでっかく「Stop the Eco」と書かれたTシャツを着ている高齢男性がいた. 好々爺的雰囲気とアナーキーなロゴのギャップが実に素晴らしかった. もし意図的に購入したものだったらスゴイ.

記事を読む

NO IMAGE

転倒

自転車に乗った若い男性が私の目の前で派手に転んだ. ポケットに入れていたiPhoneやら何やらが数メートル先にふっとんだ. 慌てて助け起こしたが、身体的痛みより大の大人が人前ですっ転んで、助けられている精神的痛みの方が大きそうだった.

記事を読む

NO IMAGE

草食男子

草食男子という言葉が浸透して久しいが、実は使い勝手の良いエクスキューズである. 女性の言う「良いお友達」と同じく「君に対して食指は動かぬ」と遠回しに言っているだけだ. 彼らは実は草食男子でなく美食家である.

記事を読む

NO IMAGE

歩こう

気分が落ち込む時には部屋の中に籠もっていてはだめだ. とにかく小銭だけ持って外に出てひたすら歩こう. 見える景色がどんどん変わっていくうちに、気分も晴れてくる. そして缶ジュースでも買って飲みながら帰ろう.

記事を読む

NO IMAGE

真夜中の憂鬱

長年探していたものにネットでやっと出会った. 手が震えて入力するのにまごついていた数分後、それは消えていた. ばかばか、自分の馬鹿! 夜中に頭かかえて床をころげまわった. 幸運の女神は前髪しかないのだ.

記事を読む

NO IMAGE

昔のアイドル

30年前の『ムー』を整理していて驚くのは昔のアイドルの体型. ふくよかというかグラマーというか……はっきり言うと太い. 現代のアイドルと頭身の比率も全く違う. いや当代のアイドルが激やせで異常なのだろうか.

記事を読む

NO IMAGE

洋書

相変わらずのろいが1ヶ月半で50万語読んだ. 洋書はどれを読むべきかというご質問. ビギナーは児童書や絵本は避けるべき(特にハリポタとか). お勧めは自己啓発書. Malcolm Gladwellは高校生でも読める.

記事を読む

NO IMAGE

観光記念スタンプ

「おれんち観光記念スタンプ」という記事. 私も作りたい. 珍スポットのスタンプ帳がもう5冊もたまった. 私のスタンプ帳はマルマンのクロッキー帳. コンパクトだし、1枚に1スタンプで100個も押せるよ.

記事を読む

NO IMAGE

ポニーテール

美容院でパーマをかけた. 髪がまとめやすくなったので、洋服の色に合わせたシュシュでポニーテールにしてみた. 今風で我ながら上手くできた. 旦那様に見せると「わあ、信長みたいだね!」……ポニーテールやめた.

記事を読む

NO IMAGE

人面魚

毎朝の散歩コースの池に人面魚がいる. よく観察すると数匹いるようだ. UMA的な珍生物だと思っていたが、結構ありきたりな模様なのだろうか. てか人面魚ブームって90年頃なのね. 20年以上も前. 軽くショック.

記事を読む

NO IMAGE

1日中実家と自宅で書類の整理. 紙を触り続けているので手がかさかさになるし、あちこち切り傷だらけである. ところで傷って、切ったことに気づいた時から痛くなるのはなぜだろう? 気づく前はさほど痛くないのに.

記事を読む

NO IMAGE

ご無沙汰

学校を出るまではすごくお世話になっていたのに最近ご無沙汰しているもの──消しゴム. 職種によっては必需品だが、私の仕事では全く使わない. 文具店は本屋の次に好きな店だったのに…….

記事を読む

NO IMAGE

躊躇もなにも

中国武術の師匠はマニアックな格闘家. ナイフを持った敵に間合いに入られた場合どうするか話題になったとき「片腕を犠牲にしろ. ナイフを腕に残したまま反撃しろ. 躊躇するな」……無理. 刺された時点で戦意喪失する.

記事を読む

NO IMAGE

心臓会話

本屋でカップルの会話を立ち聞き.♂チャンス大城って芸人、心臓が右にあるんだって♀うそっ!? でも私、心臓が2つある人間見たことあるよ♂そ、そんなやついるの!?♀結構いるよ♂マジで~!?♀妊婦さん……ヤラレタ.

記事を読む

NO IMAGE

今大注目の人

朝のウォーキングで遭遇するおばあちゃん(推定83歳). 腰が曲がってちっちゃい人なんだが、ものすごく歩く速度が速い. 速歩でないと私も追いつけないほど. いったい何者? 元くノ一? 彼女から目が離せない.

記事を読む

NO IMAGE

理系なる一族

ブロスの特集の「理系なる一族」. 理系はメールの英数字が半角、スイッチが入ると止まらない、「○○って江原さんが言ってたんです」はNGワードに笑う. 阿部寛って中央大理工学部の理系男性なんだね. 意外. でも私は理系・文系の分類は無意味であると思っているので、あくまでシャレとして.

記事を読む

NO IMAGE

独学魂

私は小・中・高と田舎の公立学校出身で、塾や予備校に通ったこともない. 都会の中高一貫私立やアメリカンスクール、有名進学塾に通える子がうらやましかった. でも大人となった今はいくらでも学べるから幸せだ.

記事を読む

NO IMAGE

英語の勉強時間

個人的見解では、リスニング3000時間、読書300万語をクリアすれば英語に不自由しなくなると思う. 勉強時間の密度を考えると、他の生徒と一緒に学ぶ英会話教室は効率が悪すぎる. 独学が遠回りに見えて最短だ.

記事を読む

NO IMAGE

必要最低限の語彙数

語彙に関して. 経験的には、大学受験-8千、英検1級-1万5千、ニュース・新聞-1万8千、ペーパーバック-2万が必要語彙数. 英語でメディアを楽しむには1万5千語ではぎりぎりだと思う.

記事を読む

NO IMAGE

ジェットストリーム

手っ取り早く上手い字を書くには筆記用具を変えるのが良いのではないかと思う. 当たり前すぎる? でも普通の水性ボールペンをジェットストリームにしたら2割り増しで字が良くなった. 油性でこの書き味はすごい.

記事を読む

NO IMAGE

顔見知り

毎朝歩いていると挨拶するぐらいの顔見知りができる. 正確には飼い主に散歩してもらっている「犬」の顔見知りである. 犬の見分けはつくが、挨拶しても犬の方ばかり見ているので未だに飼い主の顔が覚えられない.

記事を読む

NO IMAGE

ラジオ『books A to Z』超お勧め番組

『books A to Z』が素晴らしい. 落ち着いた美しい声で本の紹介をしてくれる5分の番組. 北村浩子アナの本への愛が伝わってくる. いつも本選びの参考にしている. どの本も読んで良かったと思えるものばかりだ.

記事を読む

NO IMAGE

あかとんぼ

『あかとんぼ』を聞くと悲しい気持ちになる. 「おわれて」いるぼうやにとっては懐かしい思い出だろうが、ぼうやを背負っているねえや(15で嫁に行ったので10歳前後か)は辛い子ども時代だったろうと思うからだ.

記事を読む

NO IMAGE

ペットボトル

100円ショップで食器が売られている. どれも100円. だけどお茶やジュースを飲むたびにコップを洗わずに捨ててしまう人はいない. だけどペットボトルはじゃんじゃん捨てる. 実際リサイクルはほとんどされていないのに.

記事を読む

NO IMAGE

残り2万冊

死について考えたとき、たとえ平均寿命まで生き毎日1冊ずつ本を読むとしても、あと2万冊も読めないことに愕然とした. もう今後はジャンク本をむさぼるのはやめた. 厳選された本当に読みたい本だけを読むのだ.

記事を読む

NO IMAGE

ウォーキング7

毎朝1時間歩くと言うと「頑張っちゃってる」感が漂うかもしれない. でも歩いていて感じるのは、ふわーっとした癒しやじんわりくる充実感、わくわくする気持ち. 幸福感を生み出すセロトニンが分泌されるからである.

記事を読む

NO IMAGE

番組『警察24時』

警察24時系番組が大好きなのである. 特に白バイ隊員のコーナ. 軽々狭路Uターンをやってのける先輩隊員、格好良すぎ. プロパガンダ番組だとしてもカッコイイもんはカッコイイ.

記事を読む

NO IMAGE

雨乞いクイズ

あるアフリカの部族が雨乞いの儀式をすると必ず雨が降るという. なぜ?それは雨が振るまでずっと雨乞いを続けるから. 願いが叶うまで諦めてはだめだ.

記事を読む

NO IMAGE

バイク欲しい病

春と秋に重くなる病が「バイク欲しい病」である. 気候が良くなり始めると発症し、道路でもバイクばかりが目に入る. 私はこの時期を乗馬に熱を入れることでなんとか乗り切った. 馬は簡単に購入できないからね.

記事を読む

NO IMAGE

下戸

下戸なのになみなみと酒を注がれてしまうのは閉口する. 顔が酒呑みっぽいのか遠慮しても「またまた~」と言われてしまう. 顔の濃い九州男児下戸も同じ悩みを持っているのでは. それと喫煙席に通されることも多い.

記事を読む

NO IMAGE

性格

個性についてコメントを頂いた. 性格は変わらないという通説は間違っていると思う. その考えは「彼(自分)は頑固だから」などと他人や自分を甘やかす温床になっている. 人は誰でもいつでも変わることができる.

記事を読む

NO IMAGE

行動

書店ベストセラに多くの自己啓発本が入っている. しかし売れた冊数に対して実際に成功している人はほとんどいない. 一番の原因は行動しないことだろう. 行動できる人は多くて全体の5%くらいと踏んでいる. そして継続できる人はさらに少ない.

記事を読む

NO IMAGE

パプアニューギニア

ダイエーで買い物をしていると「パプアニューギニアからお越しのツインタクスミタリス様」という呼び出し. わざわざ、ニューギニアから? ダイエーに? 続いて「マンジューラ」様の呼び出し. 観光ツアーなのかな?

記事を読む

NO IMAGE

あなたなら出来るよ

ダイエットや筋トレをいつも挫折してしまうという方からメール. 体力・筋力がつくとあなたはどんなことができるようになるだろう? それを考えるとワクワクしないかな. そう思った時点で半分達成してるようなもの.

記事を読む

NO IMAGE

体力

体を鍛えるのは夢を実現するために体力が欲しいから. やりたいことをして欲しいものを手に入れるためには「健康と強い肉体」は最も易しい最低限の条件かもしれない. トレーニングは自分の努力次第だから. 要はボンド家の家訓のように欲張りなんだろうな.

記事を読む

NO IMAGE

ラッキー

今、心がどんよりしているあなたへ. 1文だけでいいからその日に起こったラッキーなことを手帳に書いてみよう. 1カ月で30、1年で365個もツイてることが起こったんだから、もう落ち込んでる場合じゃなくなる.

記事を読む

NO IMAGE

電車の人

以前通学に中央線を使っていた時、エキセントリックな人に出会えるのが楽しみだった. 私が目撃したある人は、網棚の上にうつぶせで乗車していた. 彼に上から見つめられている女性は非常に気まずそうにしていた.

記事を読む

NO IMAGE

躊躇

「エレベータ」と「エスカレータ」という言葉を使うとき、ほんの0.05秒ぐらい考える. 「こっちで、いいんだっけな. うん、大丈夫だ、合ってる」と. 筒井道隆と筒井康隆も発言するまで同じだけの時間がかかる.

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7