「 ◎管理人が見た映画 」一覧

NO IMAGE

映画『ブラインドネス』

映画『ブラインドネス』. この映画をSFやパニック映画として見た人は不満が残るだろう. しかし哲学的・宗教的な観点から鑑賞すると全く違った印象になるはずだ. 「自分だったらどうするか」を常に考えながら見た.

記事を読む

NO IMAGE

映画『127時間』

映画『127時間』. 登山家アーロン・ラルストンの実話なんだね. 数々の映画祭で失神者を出しただけはあって、ラストの方はひょぇええみたいな変な声出た. 一人旅での冒険は怖い. 私も絶対一人で海に潜らないよ.

記事を読む

NO IMAGE

映画『スラムドッグ$ミリオネア』

『スラムドッグ$ミリオネア』鑑賞. 禍福は糾える縄の如し、人間万事塞翁が馬. それにしてもインドのスラム悲惨すぎ.

記事を読む

NO IMAGE

映画『28週後…』

映画『28週後...』. 全速力のゾンビ大集合. ゾンビの造形や動作は最高だったけど(特にヘリのシーンの描写ときたら!)、どうしても主人公姉弟に感情移入できなかった. 迷惑すぎるよ、このガキンチョ二人は.

記事を読む

映画『インセプション』

映画『インセプション』

映画『インセプション』. 今後何かの折につけ思い出すだろうな. 観客が「ひょっとして夢?」という考えを植え付け(inception)られる映画. 高知の手結港可動橋()を思い出した.

記事を読む

NO IMAGE

映画『エスター』。

映画『エスター』. 瀕死のハトを殺すシーンは大変ショッキングだったが、私は見終わった後でもそれを肯定的にとらえている. 自分で手を下すことができない人が大多数であるのに、彼女は立派だとさえ思ってしまった.※……100文字の文章だと誤解があるかもしれないので. 自分のせいなのに自分で後始末ができずに他人に汚れ仕事を任せてしまう人. 保健所にペットを押し付ける人. 肉を食べているくせに食肉業者を蔑む人. みんなエスターよりご立派なんですかね……と思う私はサイコパスなんだろうか.

記事を読む

NO IMAGE

映画『ブラック・スワン』

『ブラック・スワン』鑑賞. 見てる間中ずっと、ナタリー・ポートマンと同じ八の字眉毛. バレエのダンスシーンが(ボディ・ダブルのCGも含めて)圧巻だったからダンス映画かと思ったら、思いっきりホラーだよ!!!

記事を読む

NO IMAGE

映画『トルク』

映画『トルク』. 一言で言えばバイクチェイスムービー. バイクが走る、バイクが飛ぶ、バイクで戦う. アクションだけで頭からっぽのバカ映画(褒め言葉). 時速300キロのY2Kに超爆笑. だけど超爽快.

記事を読む

NO IMAGE

映画『ティム・バートンのコープスブライド』

『ティム・バートンのコープスブライド』. 子供向けの人形アニメかと思いきや、美しい大人向けラブストーリーだった. 腐って骨が見えて目玉も飛び出すのに、ものすごく可愛いヒロイン. 死んでるのに生き生きしてる.

記事を読む

NO IMAGE

映画『青い珊瑚礁』と小説『瓶詰の地獄』

映画『青い珊瑚礁』. 気になったのが夢野久作の『瓶詰の地獄』との関係. 『珊瑚礁』の原作は1908年の作品. 『瓶詰』は1928年. 話が似すぎているので『瓶詰』は『珊瑚礁』に影響されて書かれたのかな.

記事を読む

NO IMAGE

映画『スプラッシュ』

映画『スプラッシュ』を見る. 人魚のダリル・ハンナが可愛い. マディソンという女性の名前はこの映画から流行ったんだね. 知らなかった.

記事を読む

NO IMAGE

ドラマ『シャーロック・ホームズの冒険ブルーレイBOX』

クリスマスプレゼントにもらったポータブルブルーレイプレイヤーで、毎日『シャーロック・ホームズの冒険』を見ている. だが部屋の装飾の参考に背景ばかり見ているので内容が頭に入らず、いつも2度見ている.

記事を読む

NO IMAGE

ドラマ『名探偵モンク』

『名探偵モンク』を今更ながら見始めた. 一緒に見ていた旦那様が「この人君に似てるね」. もちろん顔ではない. ここまでひどくないけど、私も彼の癖と同じ癖がある. しょうがないよ、曲がってると気になるんだもの.

記事を読む

NO IMAGE

落語『黄金餅』

この間丸尾末広の新刊を読んだので、家事をしながら志ん生の『黄金餅』を聴いた. 聴き終わってちょっとテレビをつけてみたら、ドラマの登場人物が志ん生の落語を聴いている場面だった. なにこのシンクロニシティ!

記事を読む

NO IMAGE

アニメ『サマーウォーズ』

『サマーウォーズ』はとても好きな映画だが、あの広大な家の掃除・洗濯・炊事を女たちだけがやっているという、田舎独特の暗黙のプレッシャーに心が沈む. あのお嫁さんたち偉いなあ.

記事を読む

NO IMAGE

映画『96時間』

『96時間』. 誘拐された娘をパパが奪還するまでの救出劇. 元CIA工作員の父親のポテンシャルがスティーブン・セガール並. 強すぎるだろ. でも実際のところ、情報機関職員は毎日地味なデスクワークなんだろうね.

記事を読む

NO IMAGE

映画『第9地区』

『第9地区』. 南ア・ヨハネスブルグを舞台にしたことに納得. エイリアンへの差別っぷりに胸糞悪くなるが、それが監督の狙いどころなのだろう. これを見ると、PRAWN(エビ)という英単語を忘れない.

記事を読む

NO IMAGE

映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』. 続編. 宿敵モリアーティ教授との対決. 前作と同じく小道具・大道具が素晴らしい. 見た後すぐに確認してみたくなるしかけが2ヶ所.

記事を読む

NO IMAGE

ドラマ『名探偵ポワロ』

『名探偵ポワロ』のDVDをプレゼントされたので毎日1話ずつ見ている. 同時に違いを確かめるために小説版も通読しているのだが、ポアロ役の声優・熊倉一雄氏の声で脳内再生されるようになった. エ・ビアン!

記事を読む

NO IMAGE

映画『キック・アス』

『キック・アス』 ベラボーに面白い. 全くムダのない洗練されたアクションにしびれる. 桂正和の『ウイングマン』と小山ゆうの『あずみ』を足してアメコミにした感じ. 

記事を読む

NO IMAGE

映画『GANTZ』

『GANTZ』. 奥浩哉的極上のエロ&グロが、あっさり薄味仕上げに. でもスーツは素晴らしすぎて感動. 特に岸本のお尻. 最初は「長瀬智也の方が……」と思っていたが、意外にかっこ良かった.

記事を読む

NO IMAGE

映画『アリスインワンダーランド』

アイマックスシアターで『アリスインワンダーランド』を見た. 人間の感覚の適応力は優れているので10分もすると3Dであることを忘れてしまう. 内容は……もっとヴィクトリアンであって欲しかった.

記事を読む

NO IMAGE

ドラマ『天装戦隊ゴセイジャー』

みんなー! 毎週日曜日の朝『天装戦隊ゴセイジャー』見てるー? 今期の戦隊ものはこれまでと違う. レッドといえば熱い男だったのに、ゴセイレッドは草食系、いや愛玩動物系. 子リスのような愛らしさにクラクラだ!

記事を読む

NO IMAGE

映画『黒蜥蜴』

最近江戸川乱歩の『黒蜥蜴』に関する書籍、DVDなど片っぱしから集めているのだが、美輪明宏が黒蜥蜴を演じている、深作欣二の映画が絶版で手に入らず困っていた. でもYouTubeにアップしてくれた神が!

記事を読む

NO IMAGE

映画『名探偵登場』

子どもの頃の私は『名探偵登場』という映画が妙に気に入っていて、100回以上も繰り返し見ていた. どこがそれほど面白かったのか理解できないのでDVDを購入して見た. 確かに名作だが……. 100回見る意味がさっぱり分からん.

記事を読む

NO IMAGE

映画『トロン』

君は映画『トロン』を見たことがあるか? 私がこれを最初に見た時の衝撃は『マトリックス』の10倍はあったように思う.

記事を読む

NO IMAGE

ラジオ『盧思(ろし)の中国 気ままにおしゃべり』

毎回楽しみに聴いている『盧思(ろし)の中国 気ままにおしゃべり』. 盧思さんの流暢な日本語も素晴らしいが、何より声の可愛らしさに惹かれている. 可憐で、(アニメ系でない)萌え声. 聴いてると癒されるなあ. 

記事を読む

NO IMAGE

ドキュメンタリー『人体解剖マニュアル』

『人体解剖マニュアル』をビデオ屋さんで発見. わくわくしながら鑑賞. 素晴らしい. 初心者向けだが、人体のしくみがとてもよく分かる. 繰り返し見て勉強したい. 普段使わない医学用語も覚えられるし一石二鳥だ.

記事を読む

NO IMAGE

映画『おろち』

楳図かずお『おろち』の映画版. しかも大好きなエピソード『姉妹』『血』が原作. 『洗礼』もそうだけど、女(特に母親)の業を描いた作品の素晴らしさといったら! 男性で母の怖さを描けるのなんて素晴らしい才能だと思う.

記事を読む

NO IMAGE

映画『リーグ・オブ・レジェンド』

『リーグ・オブ・レジェンド』鑑賞. 超人紳士同盟の中でトム・ソーヤがどれだけ違和感があるかというと、あの映画が日本映画でメンバに夏目漱石の坊ちゃんが入っていると思ってほしい. どんだけ無鉄砲だよ.

記事を読む

NO IMAGE

落語『古今亭志ん生』

2月の半ばから毎日聴き続けた古今亭志ん生の名演集を完聴. 飄々とした語り口が実に良かった. 江戸の人々が目の前に立ちあがってくるような気がした. 次は上方落語の桂米朝全集. 全40巻で聴き甲斐がある. 楽しみ.

記事を読む

NO IMAGE

映画『ライラの冒険』

『ライラの冒険 黄金の羅針盤』を鑑賞. 古き良きイギリスの風景にスチームパンクのメカが実によく似合う. ストーリーよりもプロップデザインにため息出っぱなし. ああ、なぜ現代はプラスチックが溢れているのか.

記事を読む

NO IMAGE

アニメ『ザ・シンプソンズ』

英語力を保持するために『ザ・シンプソンズ』を見ている. 1度目は字幕無し、2度目は分からなかった単語をノートにメモ. 俗語も多いが簡単な日常会話ばかりなので英語学習者にお勧め.

記事を読む

NO IMAGE

映画『アイ・アム・レジェンド』

『アイ・アム・レジェンド』を見る. 予備知識ゼロだったので、てっきりサバイバルものだと思ってた. ちょ、めちゃくちゃ怖いよ! ホラーは大の苦手なのに. 面白かったけどさ.

記事を読む

NO IMAGE

番組『名曲アルバム』

いまさら何を言っているのだと思われそうだがNHKの『名曲アルバム』は実に良い番組だと思う. 録画予約しておいて仕事や勉強に煮詰まってきたときに、コーヒーをすすりつつ5分間. すっきり気分転換ができる.

記事を読む

NO IMAGE

ドラマ『キューティーハニー THE LIVE』

『キューティーハニー THE LIVE』. Gカップ巨乳の原幹恵ちゃんが身もだえするほど可愛い. ハリケーンハニーが乗るバイク・マグザムに惚れた. 欲しい. 金田バイクっぽいフォルツァかハニーのマグザムか実に迷う.

記事を読む

NO IMAGE

CD『愛しい友よ』

オペラ歌手、森麻季氏の『愛しい友よ』. 素晴らしく技巧的なコロラトゥーラ. 丸くあたたかな歌声に癒される. しかも華やかな美女! こういう人が世界的に活躍しているのは実に嬉しい.

記事を読む

NO IMAGE

落語『圓生百席』

最近毎日落語を2話ずつ聴き続けているのでもう100話ほどになった. 6代目三遊亭圓生の『圓生百席』CD126枚をコンプリートする計画. ごりごりの古典原理主義でまず基本を押さえる予定.

記事を読む

NO IMAGE

ドキュメンタリー『昭和聖地巡礼』

全国の6大秘宝館を映像化したDVD「昭和聖地巡礼-秘宝館の胎内-」(笹谷遼平監督)が発売中. 「日本珍スポット100景」で紹介した秘宝館も見られるよ. 送料税込みで1500円. こりゃもう買うしかない.

記事を読む

NO IMAGE

映画『キャノンボール2』マンガ『SS』

『SS』全巻を読んで、走っている三菱スタリオンを見たくなり『キャノンボール2』を借りた. ゴールデンラズベリー賞にふさわしい超B級. 80年代の輝かしいクルマたち「だけ」が見どころ. スタリオン超イカス.

記事を読む

NO IMAGE

CD『リズム&ブルースの女王』『フリー・ソウル』

最近和田アキ子のCDを聴いている. 和製R&Bの女王にふさわしい歌声. ビールのCMの「ゴールデンタイム」、「フリー・ソウル」、「リズム&ブルースの女王」がお薦め. もっと歌番組出て欲しいよ.

記事を読む

NO IMAGE

映画『ハンニバル・ライジング』

『ハンニバル・ライジング』を見る. このシリーズ大好きなんだが、途中からどうにも笑いが止まらない. 日本人でなければ純粋に楽しめただろうに. ひょっとしてハリウッドには日本人が一人もいないんだろうか?

記事を読む

NO IMAGE

映画『プラダを着た悪魔』

『プラダを着た悪魔』を見る. 華麗なファッションを見るだけでワクワクするし元気づけられる映画だ. しかし『ヴォーグ』とかの編集長ってこんな女王みたいな待遇なの? 日本とはえらい違い.

記事を読む

NO IMAGE

映画『フラガール』

『フラガール』鑑賞. 昭和40年、炭坑の町の復興を賭けて常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)で活躍したダンサー少女たちの青春映画. 珍スポじゃないかもだけど、いつかレポートしたい.

記事を読む

NO IMAGE

映画『パフューム』

映画『パフューム』. 映像化は不可能だと思っていたのに、これはやられた. 香りをこんなに見事に表現するとは. アクションやカーチェイスがなくても鼓動が早くなる映画は作れるのだ. 秀逸.

記事を読む

NO IMAGE

映画『カジノ・ロワイヤル』

『カジノ・ロワイヤル』. 「陰気なプーチン」的クレイグのボンドは、「ザ・ハンサム」ブロスナンのボンドに比べるとやや地味. アクションや秘密兵器、ボンドガールも華がない. でも主題歌とクラシカルな雰囲気は最高.

記事を読む

NO IMAGE

映画『M:i:III』

『M:i:III』鑑賞. 走るトム、飛ぶトム、泣くトム、歯が光るトム、オールアバウトトム. 男性的には彼のような人をどう思うのだろうか. 嫉妬? 憧憬? でも現実のスパイにとって外見の良さはマイナスでは.

記事を読む

NO IMAGE

映画『サイレントヒル』

映画『サイレントヒル』を見た. 非常に忠実にゲームの世界を実写化していて嬉しい. おぞましく血みどろ. 生理的に嫌なデザインが秀逸. 『デメント』を終えたのでまた『サイレントヒル1』からやってみることにした.

記事を読む

NO IMAGE

映画『デスノート』

映画版『デスノート』の藤原君はどうしてあんなに字がヘタなんだろう. 私も人のこと言えない悪筆だが、どうみても天才的頭脳の持ち主に見えない. それにノートの使い方ダイナミックすぎ. もっとちっちゃい字で!

記事を読む