「 ◎Book of the Year 」一覧

NO IMAGE

Book of the Year 2013 No.01『単純な脳、複雑な私』

『単純な脳、複雑な私』気鋭の科学者・池谷裕二先生が母校の高校生に講義した最先端の脳科学. さすがブルーバックス. 読み応えのある科学本. 脳って面白い! 池谷先生は話がとても上手だ. こんなすごい授業、高校の時に受けたかったな.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2013 No.02『奇想の陳列部屋』

『奇想の陳列部屋』「ヴンダーカンマーとはこういうものさ」と全てのページが語っている. 貴族たちの本物の驚異の部屋を、大型カラーページで見ることができる. 動植物の剥製、剥製、鉱物、骨格標本. ワクワクが止まらない素敵本.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2013 No.03『The Little Mermaid』

『The Little Mermaid』Robert Sabuda氏の飛び出す絵本最新作. 『Alice in Wonderland』も手元にあるがこちらの方が好き. 飛び出しすぎだろうというぐらい飛び出してくる. 本というよりは芸術品. 大人向け絵本.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2013 No.04『スタンフォードの自分を変える教室』

『スタンフォードの自分を変える教室』当たり前だが読んだだけではダメ. 実行に移し、継続した人だけが変わることができる. 原題は『The Willpower Instinct(意志力の本能)』

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2013 No.05『楽しもう。瞑想』

『楽しもう. 瞑想』 瞑想……などと書くと宗教がかっているようで偏見を持たれそうだが、実は脳の機能を高めるのに非常に効果が高く、ライフハック的に使っている. 具体的な瞑想の方法が書かれているので実行しやすい. 気軽に読める.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2013 No.06『たたかうソムリエ』

『たたかうソムリエ』優雅な印象のあるソムリエだが、世界最優秀ソムリエコンクールの出場者の激闘に印象が180度変わった. こんなに過酷なものだとは思わなかった. バトルマンガを読んでいるような面白さ. 田崎真也すごすぎ.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2013 No.07『犯罪』

『犯罪』弁護士である筆者が様々な犯罪を描いた短篇集. 全く主観のない文章はヘミングウェイのハードボイルド文体を思わせる. 淡々とした筆致だからこそよけいに心に迫ってくる. 完成度が高い. ただしややグロい描写あり.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2013 No.08『毒婦。』

『毒婦. 』木嶋佳苗の事件を知った時ただただ不思議だった. いったいどこにそんな魅力があったのか、騙された男たちはどんな人だったのか. 読後あなたは彼女の暗い闇に突き落とされるだろう. 怖い. 彼女はいったい何なんだ!?

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2013 No.09『100の思考実験』

『100の思考実験』古今東西の哲学問題が100題ぎっしり. 自分一人で考えてもいいし、家族や友達と話しあうのも楽しいだろう. ディベートのテーマとしても最適. 読むのに非常に時間がかかるので、無人島に持って行きたくなる本.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2013 No.10『楽園・南の島への旅』

『楽園・南の島への旅』手元にある本書は付箋だらけになっている. 本当に5日あれば行ける. 45ある楽園のうち、サムイ島、ナンユアン島、宮古島、久米島はもう訪れた. ベッドの中で「次はどこに行こうか」と眺めながら眠るのが楽しい.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2012 No.10『働くきみをアゲる 18の冒険』

働くきみをアゲる 18の冒険 一瞬で自信を得るために、冒険の旅に出ろ. もう「疲れを取るため」の週末はやめよう. やったことがない、見たこともない、どうなるのか予想もつかない、刺激的な体験で、自分をもっと揺さぶれ. 冒険には不安や緊張感がつきものだ. 直前になって「やるのが面倒くさい」のも当然だ. でも、だからこそ楽しい. 未知の衝撃を受けるから、話したい言葉があふれ、人に会いたくなる. ハプニングをくぐり抜けるから、根拠のないやる気があふれ、なんでもやってやろうという気持ちになる. めちゃくちゃ楽しくても成功. めちゃくちゃな目に遭っても成功. 冒険から帰ってくれば、会社

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2010 (10)『耳で聞くD・カーネギー人を動かす』

『耳で聞くD・カーネギー人を動かす』自戒のために毎年1回読んでいる. だが内容を覚えていても、なかなか私は実行できない. そこで朗読版をiPodに入れて家事をしながら聴くことにしている. 

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2010 (9)『老妓抄』

『老妓抄』. 岡本かの子の短編. 昔読んだが当時はさっぱり琴線に触れなかった. 再読してほんのちょっと分かるような気がしてきた. 10年ごとに読み返すと良いかもしれない. いよよ華やぐ命なりけり.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2010 (8)『人は皆「自分だけは死なない」と思っている』

『人は皆「自分だけは死なない」と思っている』. 小さな地震にガクブルな外国人を笑う風潮があるが、本当にそれでいいのか? 本書を読んだ後も笑うことはできるのか? あなたの命を助けるかもしれない本.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2010 (7)『うらおもて人生録』

『うらおもて人生録』. どう人生を生きたらいいのか、あっちへウロウロ、こっちへヨロヨロしているような私にとっては大変役立つ人生訓. 中高生の時読みたかった. カッコイイたぁこういうことさ.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2010 (6)『Delicious Lighting』

『Delicious Lighting』. 光のデザインの解説書. もう何回書いただろうか. あちこちでこの本は凄いと宣伝してきた. それほど費用はかからないのに、家のインテリアが劇的に変わる.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2010 (5)『たったひとつの冴えたやりかた』

『たったひとつの冴えたやりかた』. 改訳版を再読. 子どもの頃から好きだった本. こんなカッコイイお姉さんになりたかった. 私はコーディーの2倍も生きてしまったのに全然なれてないよ. またも号泣.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2010 (4)『千吉良恵子の可能力メイク』

『千吉良恵子の可能力メイク』. 井川遥さんが好きだ. 特に顔. だから表紙買いしてしまったが、このメイク法が実に素晴らしかった. この通り化粧すると驚くほど顔が変わる. メイクの面白さに開眼した.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2010 (3)『影響力の武器[第二版]』

『影響力の武器』. 非常に強力な人心掌握術. 忠実に実行するなら人を思い通りに動かすことができるだろう. 恐ろしい本である. 悪用禁止. 逆に読んでおくと相手からの影響力を防御できる.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2010 (2)『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』

『解剖医ジョン・ハンターの数奇な生涯』. 18世紀イギリスの型破りな超天才外科医. 理科室やヴンダーカンマー趣味の方にお勧め. これほど偉大な奇人がなぜ日本ではあまり知られていないのか!

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2009(10)『大誘拐』

十進分類法番号9『大誘拐』. 未読だったことがミステリ好きとして恥ずかしい. だが絶対に「今年」でなければならなかったのだ. これまで読まずにおいて本当に良かった. 

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2009(8)『ぼく、ドラえもんでした。』

十進分類法番号9『ぼく、ドラえもんでした. 』. 涙が止まんない. なんとかしてよ、ドラえもん!大山のぶ代氏の26年間の声優人生. どのエピソードも愛があふれている.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2009(7)『最強の英語上達法』

『最強の英語上達法』. その程度の語学力で何を天狗になっておるのか馬鹿者!と叱咤された本. おかげで英語学習を再開できた. しみじみ学問に王道なし. 

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2009(6)『叶恭子の知のジュエリー12ヵ月』

十進分類法番号7『叶恭子の知のジュエリー12ヵ月』. ゴージャスなのは外見だけじゃない. 彼女みたいに強い人間になりたい. 子供時代にお姉様の言葉を聞きたかった. 

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2009(5)『シンプル&ラグジュアリーに暮らす』

十進分類法番号5『シンプル&ラグジュアリーに暮らす』. 本書のおかげで我が家の寝室環境が著しく向上した. 発想力と工夫があれば自宅を一流ホテル化することも可能. 

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2009(4)『愛は脳を活性化する』

十進分類法番号4『愛は脳を活性化する』. 私が高校で理系を選択するきっかけとなった先生. 脳科学の分野における功績は計り知れない. もっと長生きして欲しかった.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2009(3)『子どものことを子どもにきく』

十進分類法番号3『子どものことを子どもにきく』. 幼いお子さんのいる方にプレゼントしたい一冊. 子供にインタビューしたくなること請け合い. 彼らの頭の中って不思議. 

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2009(2)『夜と霧 新版』

十進分類法番号2『夜と霧 新版』. ユダヤ人心理学者のナチス強制収容所体験記. 読み進める間、常に「もし自分がこの状況におかれたら……?」と思わずにはいられない. 

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2009(1)『TQ』

十進分類法番号1『TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究』. これ一冊読めば他の時間管理術の本は読む必要がない. 本書を読み実行すれば時間どころか人生が一変する. 

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2007(1)『7日間で人生を変えよう』

『7日間で人生を変えよう』最初は大げさなタイトルに「はいはい、自己啓発本ね」と期待していなかった. しかし半年後私は考えを改めることになる. 特にCDが良い. 落ち込んだ気分は解消され、次々と幸運が舞い込んだ. 自分でも信じられない.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2007(2)『自分の小さな「箱」から脱出する方法』

『自分の小さな「箱」から脱出する方法』人間関係に悩んでいる時期に読んだ. いわゆる自己啓発本. 平易な文章だが実際のところ非常に実行が難しいと思い知る. しかし読めば「まず自分が変わらねば」と決意を新たにすることができる. ちょっと弱ってる人へ.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2007(3)『私という病』

『私という病 』呉智英は「買い物女王が本当に浪費しているのは知性や才能だ」と言う. 整形、風俗などゴシップばかりが話題になるが、実は非常に頭が切れる才女. 中村うさぎはもはやフェミニズム・アート・哲学の領域に入っている.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2007(4)『アイの物語』

『アイの物語』著者はと学会会長・山本 弘. 心が温かくなるSF. 人間と機械が手を取り合う未来は来るのか. 老人介護アンドロイドが登場する『詩音が来た日』はここ最近読んだSFの中で最も良かった. マシンを愛するあなたに.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2007(5)『人類の月面着陸はあったんだ』

『人類の月面着陸はあったんだ論』「アポロ月面着陸はでっち上げである」というトンデモ説に真っ向から反論. 宇宙科学に関するネタ満載なのでSFマニア向けと思われがちだが、疑似科学への狂信や思考停止に陥らないための教科書として読みたい.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2007(6)『第1感』

『第1感』人間の感覚、特に「直感」について具体的な事例を挙げて解説. 心が警鐘を鳴らすメカニズムや「なんとなく感じる」とはいったい何なのかを学べるスリリングな心理学. ただし本書は実用書ではないのであしからず.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2007(7)『摩天楼の怪人』

『摩天楼の怪人』島田教信者は傑作・駄作に関わらず教典を読む. 近年御大には正直失望していたが、希望の光が心に灯った. 摩訶不思議な不可能犯罪、奇想天外でダイナミックなトリック. 新本格は死んじゃいない.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2007(8)『容疑者Xの献身』

『容疑者Xの献身 (文春文庫)』「直木賞は本書でなく東野圭吾の功績に与えられたもの」「推理小説としてフェアじゃない」という意見もあるが、実際ミステリとしてもエンタティメントとしても良くできた作品だと思う. 男性の方が泣けるかも.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2007(9)『嫌な女を語る素敵な言葉』

『嫌な女を語る素敵な言葉 (祥伝社文庫)』身震いするほど恐ろしい本. 女の醜さを描かせたら天下一の岩井志麻子が放つ禍々しい毒. 女性に夢を持つタイプの男性は決して手にしてはいけない禁書. だけど怖い物見たさでオススメ. 女はぼっけえきょうてえな.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year 2007(10)『「集中脳」をつくる30の方法』

『「集中脳」をつくる30の方法』近年脳トレがブーム. 脳関連の書籍もたくさん出版されたが、本書は切り口がユニークで楽しみながら試せるのが良い. まあ勉強や仕事ですり切れるほど脳を酷使していればわざわざトレーニングする必要はないけど.

記事を読む

NO IMAGE

Book of the Year

個人的Book of the Year. 2006年に読んだ約600冊(マンガ・雑誌除く)の中から、専門書・仕事の資料・日本語以外で書かれた本・2004年以前に発行された本を除いたオススメを、毎日1冊ずつ、15冊ご紹介する. 乞うご期待.

記事を読む