「 ◎面白サイト紹介 」一覧

NO IMAGE

倒れるときは前のめり

「倒れるときは前のめり」というのをカッコ良く英訳してください. (人力検索はてな)  "When You Fall, Fall Forward”実に上手い言い回しだ. ここぞという時に使いたい.

記事を読む

NO IMAGE

僕の考えるぼっち男子・女子の特徴

「僕の考えるぼっち男性・女性の特徴」.容赦なく胸をえぐってくるな. 特にぼっち男性の特徴はまったく容赦がない. 今の年齢なら私も半笑いでかろうじて耐えられるが、学生時代にこれ言われたら即死できる.

記事を読む

NO IMAGE

Do Nothing for 2 Minutes

バッファの時間がなくカッツカツで毎日生活していると脳がオーバーヒートしてしまう. そこでDo Nothing for 2 Minutesというサイトをどうぞ. ただぼんやりと2分画面を眺める. マウスやキーボードを触ってはダメ.

記事を読む

NO IMAGE

美しいとは何か

TEDの「デニス・ダットン・美の進化論的起源」の講演がすばらしい. アニメーションとともに語られる、「美しい」とは何なのかというテーマ. 知的好奇心旺盛なあなたにぜひ.

記事を読む

NO IMAGE

スチームパンクストーブ

スチームパンク的な薪ストーブ. 意外にモダンなインテリアにも、クラシカルな内装にも合う. ゴツゴツとした硬質な外観にしびれる. 暖炉の火をぼんやり眺めるのも癒されそうだ. 

記事を読む

NO IMAGE

Book of the year 2010まとめ

去年読んだ本の中で良かったものを挙げてみた. 私が愛聴している番組『Books A to Z』で紹介された本も多い. 北村浩子アナは本当に素晴らしい本の審美眼をお持ちだ. 彼女のような本読みになりたい. 

記事を読む

NO IMAGE

48分:12分 時間活用法

「集中力を高める 48分:12分 時間活用法」. 私はついぶっ続けで仕事をしてしまうクセがあるのでタイマーを愛用しているのだが、48分で区切るのは良いアイデアだと思う. 早速真似してやってみることにする. 

記事を読む

NO IMAGE

天才犬大集合

「犬の魅力をたっぷり詰め込んだ7分半の映像集」. すごい天才犬がいっぱい! 犬っていいよねー. でもロッククライミング犬は怖くてまともに画面が見られなかった. 飼い主早く助けてやって. 

記事を読む

NO IMAGE

Absolutely Amazing Dog Photos from Tim Flach

犬の事ばかりで恐縮だけど. ロンドンの写真家Tim Flach氏による、素晴らしく美しい犬たちの写真. 最後の写真の犬(グレイハウンド)が一番好きだ. 

記事を読む

NO IMAGE

「人の成長の大部分は一人でいる時に起こる」

「『一人の時間大切に』ゲド戦記翻訳者が講演」. いつも一人. 飲み会もカラオケも行かない. だが一人でやりたいことの方がみんなで過ごすことよりも面白いから方針を変えるつもりはない. 

記事を読む

NO IMAGE

黄昏流星群

「60代のメル友募集の書き込みがクオリティ高すぎな件について」. 60代以上でメールを打てる人は、もともと情報強者だと思うが. 恋は遠い日の花火ではない──か. 『黄昏流星群』を1巻から再読することにした. 

記事を読む

NO IMAGE

Stormtroopers 365

「Stormtroopers 365」. ストームトルーパーの365日を撮影した素敵写真集. 二人で旅行に行ったり、ゲームしたり、じゃれ合ったり. 仲が良さそうで微笑ましい. 

記事を読む

NO IMAGE

こちらはぁ~ 廃品回収車でぇ~す!

「こちらはぁ~ 廃品回収車でぇ~す!」最近廃品回収業者のスピーカーの音がうるさくてかなわぬと思っている. でも記事()を読んで驚いたのが、女性の音声がうちの近所のと全く同じだったこと. 全国的な組織だったのか!?

記事を読む

NO IMAGE

誰もいない

「Running on Empty」という誰もいない風景の動画. 写真集『TOKYO NOBODY』や映画『ターン』を思い出す. 人が全くいないというだけで世界はこんなにも美しい.

記事を読む

NO IMAGE

センズアンブレラ

おちょこにならない傘・センズ. 動画のような暴風にもなんのその. ただニュース番組における台風時の映像のお約束として、ビニール傘の需要はあるのかなとも思った.

記事を読む

NO IMAGE

傷はぜったい消毒するな

「悪魔の妄想」様の「傷はぜったい消毒するな」の記事が実に素晴らしい. こんな風に実際に手を動かし確かめてみる、好奇心旺盛な人が好きだ. 確かにキズパワーパッドは早くきれいに治るよね. 

記事を読む

NO IMAGE

テストステロンとシワ?

玉木宏さんはまだ若いのに、なぜあんなに笑いじわができるのだろうかと前から不思議だった. 加齢もそうだけど、テストステロンレベルの高低でシワが寄るかどうか決まるのか……でも竹内久美子氏の言説なのね. うーん(^_^;)……?

記事を読む

NO IMAGE

クイックプレスで効率化

家事を効率化する方法をいつも考えている. Tシャツは以下の方法を昔覚えたので一瞬でたためるようになった. ぜひおすすめしたい. 半袖のものなら慣れれば立ったままでも洋服屋さんの店員さんみたいにたたむことができる.

記事を読む

NO IMAGE

小澤俊夫 昔話へのご招待

子供が昔話などを繰り返し聴きたがるのはなぜなのか、『小澤俊夫 昔話へのご招待』を聴いて理解できた. ドイツ、日本の昔話について学べる、1回15分ほどの番組. こんなぜいたくな講義が無料で聴けるなんて、なんつー良い時代になったのか. 国際的な文学・民俗学者である小澤先生の穏やかで優しい語り口にも心癒される. 

記事を読む

NO IMAGE

ストレスマグニチュード

ストレスマグニチュードとは、人が感じるストレスを数値化したもの. 1年の数値が300点を超えると、その翌年に8割の人が身体疾患や心の病気になるという. こわい.

記事を読む

NO IMAGE

しゃっくりの止め方

しゃっくりが止まらない. 「しゃっくり 止め方」で検索. 「Activity Memo」様のページにたどり着いた. 上手くいかないかもね、と半信半疑ながらやってみると呼吸3回で止まった! すごいなこの方法. 

記事を読む

NO IMAGE

珍生物試食記録

「グルメハンターさんちゃんの珍生物試食記録」. 水族館に持ち込まれて死んでしまった珍しい魚を食べた記録. うわぁぁぁ. 勇気ありすぎるでしょ. 

記事を読む

NO IMAGE

ふっしぎ~?

不思議な錯視「Crazy Diamonds」. どうなってんの?

記事を読む

NO IMAGE

犬の服

犬に服を着せる是非. 「実用目的以外は犬に服を着せてはならぬ」とは全く思ってない. ペットを飼うのは趣味なんだし. それに趣味もここまでくれば、飼い主さんには脱帽するしかない. 

記事を読む

NO IMAGE

バーレーンの実況

「【空耳MAD】バーレーンの実況が日本語にしか聞こえない件」腹筋が痛い. 絶対に職場で見ないように. イラレカ.

記事を読む

NO IMAGE

ノーチラス号型ホームシアター

『Nautilus Home Theater』のホームシアターが凄すぎる. もちろん『海底二万海里』のノーチラス号をイメージしたものである. 身もだえした. なんつー粋なスチームパンカー. 

記事を読む

NO IMAGE

小さくなった石鹸

石鹸が小さくなると使いにくい. 新しい石鹸にくっつけてたけど何か良い方法はないものかとネットをうろうろ. おお、電子レンジで暖めると良いという情報が. (数分後)……わぁぁぁ! でも確かに使いやすくなった.

記事を読む

NO IMAGE

U900の「急がば回れ」

この間から頭の中を回りっぱなしのこの曲. ウサギとクマのユニットU900による「急がば回れ」. 可愛すぎるでしょう、これは. 急がば(ガバガバ)回れ~♪ 他にも「Diamond Head」を演奏してるよ.

記事を読む

NO IMAGE

ゴールデンアワー

早朝(または夕方)の散歩. どうせやるなら景色が素晴らしい時間に歩きたい. Golden Hour Calculatorは日の出日の入りの、空が最も美しく見える1時間を教えてくれる. 

記事を読む

NO IMAGE

声と説得力

「いい声でしゃべると説得力が増す」.  字の美しさも同じかもしれないな. 美しい字の方が説得力があるように思える.

記事を読む

NO IMAGE

運転と歌唱

運転中に歌っている人をよく見かける. 口がパクパクしているので結構目立つのだ. でもニコラ・ディベン博士によると運転しながら歌を歌うと集中力が増して、居眠りしにくくなるそうな. でも熱中しすぎにご注意. 

記事を読む

NO IMAGE

見上げる

「プライドを低く保つ為の7つの方法」. これホント心に刻みつけておかないと駄目だなと自戒. 特に「尊敬できなさそうなものは見ない」は重要. 上も向くより、見下ろしたり現状をぼんやり眺めるだけの方が楽だから. 

記事を読む

NO IMAGE

ロマの死生観

世界の死生観ついて興味がわいたので調べてみた. ロマの人々は、誰かが亡くなると遺品も全て燃やし現世に生きた痕跡をすべて消し去り、死者の名前さえ口にしないという. この潔すぎる死生観にショックを受けた. 

記事を読む

NO IMAGE

ドーナツ

ハリウッド映画に登場する警官はいつもドーナツを食べている. The Simpsonsではドーナツなしに警官が登場することの方が珍しい. どんだけドーナツ好きなんだと思ったらダンキンドーナツの戦略なんだね. 

記事を読む

NO IMAGE

世界で最も正確な性格テスト

「世界で最も正確な性格テスト」を教えてもらった. 確かに面白いんだけど、研究ソースが見つからなかったので首をひねる. 私が疑り深すぎるのだろうかと思ったら、やっぱり疑問に思っている方が. そりゃそうだよね.

記事を読む

NO IMAGE

体の限界

「未知の病というより体の限界なんじゃないかな」というエントリ. そりゃ病気になるよね. そんな生活続けてりゃ. 医者は万能ではない. コメントの「医学の発達で人間が不死だと思い込む人が増えた」に大いに頷く.

記事を読む

NO IMAGE

庭仕事

庭をほったらかしにしていたらハーブがジャングル状態. ハーブの繁殖力はハンパない. 腰痛い. そして次なる悩みは大量のナメクジ. コーヒーが効くって本当かな?

記事を読む

NO IMAGE

ImageUp

Macユーザ向けの便利アプリ情報. ImageUpは現在打ち込んでいるのが英数モードか日本語モードか瞬時に分かる. 打ち間違いが大幅に減るので大変助かる. デザインも美しいのでMac同士のあなたにぜひ.

記事を読む

NO IMAGE

パーソナルカラー診断

パーソナルカラー診断のチケットをもらったのでショップに行ってみた. 私のカラーはオータムだそうだ. あちゃー、道理でパステルピンクが全然似合わない訳だよ. あなたの色は何色?.

記事を読む

NO IMAGE

砂糖量

「コカコーラ1缶にどれだけ砂糖が入っているのか」. 1缶に角砂糖10個か──普段コーヒーに入れてる砂糖量などたいしたことないな. よっし! 今後は罪悪感を感じずにじゃんじゃん砂糖を入れるぞ!(←間違ってる)

記事を読む

NO IMAGE

個人金融資産の年代分布

「個人金融資産の年代分布-Chikirinの日記」. グラフのトリックもあるが中高年が8割以上のお金を握っている. 誰が一番わりを食っているのかは言うまでもない. マスコミは老人の不安を煽るのをやめるべき.

記事を読む

NO IMAGE

掃除

毎日3時間の掃除. 私の場合、掃除はメイド服やタイマーを使ったタイムアタックで楽しみながらやっている「趣味」. 明石家さんま氏の掃除についての金言の通り、何事も面白がる才能を発揮した方が楽に生きられる.

記事を読む

NO IMAGE

初恋の人からの手紙

「初恋の人からの手紙」(). 質問に答えると初恋の人から届いた手紙が表示される. 結構本物っぽい.「P.S. うちに黒魔術の本を忘れていったよね? そのまま持っているので返します」←特にこのへんが.

記事を読む

NO IMAGE

知識

「これだけは避けたい、『答えを調べて終わり学習』」. ネット時代になってAさんのような人が格段に増えた. 知識は人に教えることができなければ、身に付いていないも同然. アウトプットできるかどうかが鍵だ.

記事を読む

NO IMAGE

じこはおこるさ

「事故がほら起きるよ、突然さ. 運がない時はしょうがない(中略)事故がもし起きたら落ち込まないで. 上手くやれるように頑張ろうよ」.……事故っていうか「大惨事」だよこりゃ.

記事を読む

NO IMAGE

ミドリカワ書房

ミドリカワ書房というミュージシャンのYouTube. 「誰よりもあなたを」「恍惚の人」「リンゴガール」が素晴らしい. 昔のことをいろいろ思い出すようななつかしさあふれる歌. ただ、可愛いけど完全ストーカー.

記事を読む

NO IMAGE

黄金虫

黄金虫は金持ちだ〜、金蔵建てた蔵建てた〜♪という『こがねむし』は歌詞に対してメロディが暗すぎると思う.

記事を読む

NO IMAGE

カラクリ屋敷

「建築家が家主に内緒で仕掛けたNY5番街のカラクリ屋敷」の記事. 夢があってイカした建築家だ. 私も今の家を一種のからくり屋敷に改造したいと考えている. そのためにも資金を貯めてDIYの腕を磨かねば.

記事を読む

NO IMAGE

冥福

「冥福」についての論争.  葬儀の場だと「このたびは……」で言葉を濁す方法をとるが、ブログなどではそうもいかない. では何と言うべきなのかというとやはり「ご冥福をお祈りします」が最も適切なのではないかと.

記事を読む

NO IMAGE

つまらない

「何にでも『つまらない』という友人」という記事. 中二病の人に多い症状だけど、大人になっても患っている人を見ると気の毒だなと思う. でもさらに重症なのはつまらないのか面白いのかさえ自分で分からなくなった人だ.

記事を読む

1 2 3