NO IMAGE

伴田良輔先生

ブログがご縁で東京珍スポット取材のおりに、作家の伴田良輔先生とお会いすることができた. 学生時代に『独身者の科学』と出逢って以来、全ての伴田先生の著作を読んでいるファンなのだ. 感激. ネット時代万歳.

記事を読む

NO IMAGE

『ギャラリーフェイク』(細野不二彦)

マンガ喫茶で夕食. 今回は『ギャラリーフェイク』を再読. オジサンと呼ばれるフジタっていくつぐらいなのかな. 35歳以上40歳未満だろうか. マンガ喫茶で読む本に迷ったときは細野不二彦を選べば間違いない. そつなくハズレなし.

記事を読む

NO IMAGE

熱意

英国のことわざに「熱意は伝染する」というものがある. ブログを始めて珍スポット好きの読者の方からメールをもらうたびに、そのことを実感するようになった. だからたった一人で訪れていても決して寂しくはない.

記事を読む

NO IMAGE

花火

めっきり涼しくなって夏終了. 浴衣を片づけた. とうとう今年も花火大会や、まっとうなお祭りに行かなかった. 珍の入った祭りならあちこち行ったのだが.

記事を読む

NO IMAGE

秘密成分

奮発して1500円もする秘密成分入りラーメンを食べた. 食後にマスターが教えてくれた成分はマムシ・スッポン・コブラ・ハブ. 漢方のエキスたっぷりで一睡もできなかった.

記事を読む

NO IMAGE

勝負下着

オンナ道の抜本的改革の第一歩として勝負下着を購入. ブランド下着は高いのう. 迷いに迷って下だけ2点ゲット. しかし、下着売り場に若い男性バイト君を配置するのはどうなのか. バイト君も私も気まずいではないか.

記事を読む

NO IMAGE

禍福

懐かしい人と会うことになった. 昔からカッコ良かったもんなあ. 今日からまた頑張れそうな気がする. 人間万事塞翁が馬、禍福はあざなえる縄のごとし. 神様ありがと~僕に友達をくれて~♪(『あらいぐまラスカル』)

記事を読む

NO IMAGE

掃除

またしても実家の大掃除にかり出される. ヘトヘトで体が泥のようだ. 今後毎週実家に通って掃除(肉体労働)をすることになったのだ. 業者を入れずに家人だけで作業をするため半年計画となった. 辛いがこれも親孝行.

記事を読む

NO IMAGE

ガンバレ

「失ってその大切さに気づく」ともう何百年も言われ続けている. もしまだ手を打つことができるなら、勇気を出してもがいてほしい. ダメもとでも一歩踏みだせば、きっと何かが変わる. 今日は残りの人生の最初の日.

記事を読む

NO IMAGE

ゲーム『かまいたちの夜×3』

『かまいたちの夜×3』をプレイ中. 8月15日に合わせて開始. 知人に主人公の透君によく似ている人がいたり、登場人物の名前が真理なので親近感がわくが、シリーズより新作にした方が良かったような気が…….

記事を読む

NO IMAGE

映画『M:i:III』

『M:i:III』鑑賞. 走るトム、飛ぶトム、泣くトム、歯が光るトム、オールアバウトトム. 男性的には彼のような人をどう思うのだろうか. 嫉妬? 憧憬? でも現実のスパイにとって外見の良さはマイナスでは.

記事を読む

NO IMAGE

サーブ到着

知人から格安で譲ってもらったサーブ到着. スウェーデン製なのでウィンカーとワイパーを間違えてしまうのはご愛敬. 航空機メーカらしく室内ライトが飛行機仕様なのが面白い. これから一緒にあちこち出かけよう!

記事を読む

NO IMAGE

強い人

おもしろおかしく毎日の出来事を綴っているブログ管理人. 実は彼女が実生活で非常に辛い目に遭っていたことを知る. なのに人を笑わせる楽しい記事を書けるとは、なんて強い人なんだろう. そういう人に私はなりたい.

記事を読む

NO IMAGE

占い

占いと言えば、ある雑誌の占いページを毎年切り抜いて保存している. 年末に結果を調べるためだ. 調査の結果、巧妙かつポジティブな書き方をするのが良い占い師であると分かった.

記事を読む

NO IMAGE

中二病

実家の大掃除にかり出される. 中・高生時代の油絵、自作の小説・マンガがどっさり出てきた. 重度の中二病が発症している. いや末期症状か. 窓を突き破って逃げ出したくなった. 全部処分して胸をなで下ろした.

記事を読む

NO IMAGE

ゲーム『RULE of ROSE』

『RULE of ROSE』をプレイ. 冒頭のムービーは美しく幻想的. 残酷な童話世界. 心がざわめくような魅力がある. だがいかんせん操作性が悪すぎる. かなり忍耐力のいるゲーム. 最後まで攻略できるか不安だ.

記事を読む

NO IMAGE

我が家のゴムのありか

ニフティデイリーポータルZの「我が家のゴムのありか」という企画に参加. ライターの土屋 遊さんは「Weekly Teinou 蜂 Woman」管理人として有名. 美人で粋、サイトのセンスも抜群の憧れの人.

記事を読む

NO IMAGE

庭仕事をしている時、蚊にくわれた. 目のすぐ横. いまいましいのは、目の前を蚊が通過したのに全く気づかない自分のボンクラさである. 私の目は節穴か. この分では他にも見逃しているものがたっぷりあるに違いない.

記事を読む

NO IMAGE

執事ラーメン

近所のラーメン屋の店主(50代)の言葉使いが気になる. 「ラーメンと餃子でよろしゅうございますね」「ご注文の品でございます」「お客様、お気をつけていってらっしゃいませ」執事喫茶の方が向いている気がする.

記事を読む

NO IMAGE

生き方

ある方から「仕事や趣味でバリバリ活躍していてうらやましい」とメール. 私は2人の子どもをしっかり育てている彼女こそ模範的な女性だと思っているのに. ある生き方を選ぶことは、別の生き方を捨てることだ.

記事を読む

NO IMAGE

スカイライン

スカイラインを買って1年. 1年で1万キロ. 通勤に使わないのでほぼ珍スポめぐりによる走行距離. いろんなクルマに乗ってみたが一番相性が良い. カセットはやめてほしいが. GT-R欲しいな. 宝くじ買おうかな.

記事を読む

NO IMAGE

食あたり

暑さのせいか食べたおはぎが痛んでいたらしく、猛烈な食あたり. 一日苦しんだ. おはぎと言えども決してあなどってはならぬ. 冷や汗、腹痛、嘔吐. 異物を排出しようとするシステムが精巧にできていることに感心した.

記事を読む

NO IMAGE

携帯

図書館で携帯を落としたが、受付に届けられていて助かった. しかし電話帳には家族の番号しか登録されていないし、誰からもかかってこない. 落としたまま戻ってこなくても何の問題もなかった気が. 携帯解約しようかな.

記事を読む

NO IMAGE

『モナ・リザの罠』

「モナ・リザの罠」を読む. 19世紀、ダ・ヴィンチはなんとホラー絵画の巨匠だと見なされていたという. なぜモナ・リザが名画なのか、テクニック、美術史を解説. 数多くのダ・ヴィンチ本の中で最も面白い良書.

記事を読む

NO IMAGE

幽霊?

不思議な映像があるので見てほしい. 少女(?)がちらっと壁から頭を覗かせている. しかしカメラが向かうと……. コメント欄を読むと「作り物」「偽物」なんてのもあるが、ったく外国人にも野暮なのがいるもんだね.

記事を読む

NO IMAGE

洋服の数

普通女性はどのくらい洋服を持っているものだろうか? 今日服を整理してみたら夏冬全部で衣装ケース一つ分ほどしかなかった. こりゃいつも同じ服だと言われても仕方ないね.

記事を読む

NO IMAGE

メダカ

庭でメダカを飼っている. 4匹の親から生まれた稚魚が50匹に増えた. 1センチほどの子メダカを見ているといつのまにか時間が経っている. 小さくてもそれぞれ個性があることに驚く. 一日の中で一番幸せな時間だ.

記事を読む

NO IMAGE

前面駐車

「前面駐車で」という駐車場. クルマは内輪差があるため、前向き駐車にはより広い道幅が必要だが、その余裕が全くない場合がある. 駐車場に限らず、ルールを守らせるためには最初に物理的な条件を整える必要がある.

記事を読む

NO IMAGE

時間の使い道

「よく時間があるね」と言われることが多いが単に普通の人が行っている活動を全くしないだけだ. 通勤、ギャンブル、カラオケ、飲み会、買い物、付き合いを一切なくせばいくらでも趣味にあてられる. 半人前にはなるが.

記事を読む

NO IMAGE

『愚行録』

『愚行録』の読後感は最悪である. 著者は人を嫌な気持ちにさせるのが天才的に上手い. 悪意・嫉妬に背筋が凍る. 慶應ってこんなオッソロシイ学校なのかな. 関係者はさらに嫌悪感2割り増しだろう.

記事を読む

NO IMAGE

映画『サイレントヒル』

映画『サイレントヒル』を見た. 非常に忠実にゲームの世界を実写化していて嬉しい. おぞましく血みどろ. 生理的に嫌なデザインが秀逸. 『デメント』を終えたのでまた『サイレントヒル1』からやってみることにした.

記事を読む

NO IMAGE

若冲と江戸絵画展

国立博物館で開催されている「若冲と江戸絵画展」の展示方法が素晴らしい. 障子を通したような朝の光、夜行灯を灯した光など、照明効果によって劇的に印象が変化するのだ. 日本美術は日本家屋の光の中でこそ生きる.

記事を読む

NO IMAGE

下戸

下戸だと言うとカワイソウにという顔をされる. しかし下戸は精神的に強いのではないか. どんなに辛いことがあっても酒に逃げずに耐えねばならないからだ. そういう意味では大人より子どもの方がずっと強い.

記事を読む

お札まき

お札まき

昨日、7月14日に神奈川県戸塚へ奇祭「お札まき」の取材に行った. 女装した男性10人の踊手が唄い踊りながらお札を町内でばらまくという、まったくもって「珍」な祭りである.

記事を読む

NO IMAGE

深夜の馬鹿力

TBSラジオ『伊集院光・深夜の馬鹿力』の録音をiPodで聴いている. コンビニのレジで待っている時、こらえきれず吹き出してしまった. 終わった. カッコイイお兄さんだったが.

記事を読む

NO IMAGE

『ダブル・フェイス』(細野不二彦)

またマンガ喫茶で夕食をとってしまった. 神よ、この欲望に弱い私を許したまえ. 『ダブル・フェイス』を読んだ. 催眠術を万能にしてるのちょっとどうかと思ったけど、マジックの小ネタ満載で楽しい. 細野不二彦はハズレなし.

記事を読む

NO IMAGE

ゲーム『デメント』

『バイオハザード4』の息抜きに『デメント』を攻略. 『クロックタワー』系のホラー逃げゲー. 面白いが主人公のおっぱいがプルプル揺れすぎ. 気が散って怖さが半減. プルプルプルプル……ちったあ乳を落ち着かせろ!

記事を読む

NO IMAGE

ゲーム『バイオハザード』

『バイオハザード4』3周目突入. 今回は敵(村人)がスペイン語をしゃべる. Atacalo!(やっちまえ)Matar!(殺す)Muere(死ね)Imbecil!(クズ野郎)……こんなスペイン語会話イヤだ.

記事を読む

NO IMAGE

『π』(古屋兎丸)

今日もまたマンガ喫茶に行ってしまった. 『π』を読んだ. 笑いをこらえるのが辛かった. 奥浩哉さんもそうだけど、男性マンガ家っておっぱい描くのがやたら上手い人が多いね. 見習いたい.

記事を読む

NO IMAGE

映画『デスノート』

映画版『デスノート』の藤原君はどうしてあんなに字がヘタなんだろう. 私も人のこと言えない悪筆だが、どうみても天才的頭脳の持ち主に見えない. それにノートの使い方ダイナミックすぎ. もっとちっちゃい字で!

記事を読む

1 27 28 29 30