エキゾチックアジア

エキゾチックな世界の幻想です。アジアの美の世界をどうぞ。

エキゾチックアジア

【華宵】大正時代の天才挿絵画家・高畠華宵(たかばたけかしょう)の少年少女

国貞描くの乙女もゆけば 華宵好みの君もゆく 宵の銀座のオルゴール(『銀座行進曲』 より)
エキゾチックアジア

【花魁(おいらん)】江戸庶民のあこがれ、高級遊女・花魁とは?

三千世界の烏を殺し ぬしと朝寝がしてみたい。(高杉晋作が作った都々逸 より)
エキゾチックアジア

【New Year】趣味はお掃除! そうじの達人マリア・ガルシアが教える掃除の秘伝

当然、モノは溜まっていた。いつか使うかもしれない照明器具や植木鉢、とりあえず置いてある花瓶やたんす、そのたんすにしまってある袋類や食器類。(『「捨てる!」技術』辰巳 渚 より)
エキゾチックアジア

【着物】着物に魅せられた女(ミニ小説・フィクション)

着物は愛する男はんに見てもらうために着るんです。(『玉緒の「着物」の喜び』中村玉緒 より)
エキゾチックアジア

【イザナギ・イザナミ】『古事記』日本初のナンパは女性からって本当!?

ああ、なんてすてきな殿方よ。(『口語訳 古事記』三浦 佑之訳・注釈 より)
エキゾチックアジア

【南総里見八犬伝】ホラー&スプラッタな日本古典文学史上最大の長編小説

八個の大きな珠は霊気につつまれ、それぞれに文字をうかびあがらせながら、燦然と中空でかがやいている。(『南総里見八犬伝 1 妖刀村雨丸』滝沢 馬琴 浜 たかや より)
エキゾチックアジア

【刺青】生きているアート・海外で認められる日本の芸術(刺青・彫物)

その刺青こそは彼が生命のすべてゞあつた。その仕事をなし終へた後の彼の心は空虚であつた。(『刺青』谷崎潤一郎 より)
エキゾチックアジア

【纏足(てんそく)】世にも恐ろしい纏足の作り方。あなたは耐えられるか?

纏足するまえの子どもはまだ女でも男でもありゃしないんだ。纏足してはじめて女になるんだよ。今日からはあんたもうまえとは違って、一人前の女なんだよ。(『纏足―9センチの足の女の一生』馮 驥才 より)
エキゾチックアジア

【チャイナ】京劇『白蛇伝』と赤を基調としたチャイナウエディング

まことに強き 夫婦の絆 思いの一念 白素貞(はくそてい)(『燕京伶人抄(ペキンれいじんしょう)』皇なつき より)
エキゾチックアジア

【ジャポニズム】海外のアーティストが夢見たエキゾチックジャパン

ミュシャの作品には何か特別な心休まる穏やかさがあります。特に装飾用のセットがそうであり、私の精神を高揚させ、ゆったりとくつろげるたたずまいをつくってくれます。(『アルフォンス・ミュシャ』アルフォンス ミュシャ より)
エキゾチックアジア

【乙姫】息をかければあら不思議! 紙の魚が本物の魚に

さて女房申しけるは、「これは竜宮城と申す所なり、此所に四方に四季の草木をあらはせり。入らせ給へ、見せ申さん」とて、引具して出にけり。(『御伽草子』市古 貞次 より)
エキゾチックアジア

【金魚】アジアンマーメイドは短足? 東洋の人魚のプロポーション

仮に生まれていたとすればその人魚は現在百歳を超える。現存していればそういうことになるが、日本の伝承に従えば人魚は長寿であるらしい。(『ウォーレスの人魚』岩井俊二 より)
トップへ戻る