【ポルターガイスト】「騒がしい幽霊」ポルターガイストの正体とは?

ポルターガイストのほとんどすべてが情緒的に不安定な思春期の青年子女、あるいは思春期に入ったばかりの子供に集中している。

(『ポルターガイスト』コリン・ウィルソン より)

スポンサーリンク

岐阜県のポルターガイストパニック

3年前の2000年のことになりますが、岐阜県のある町営住宅でポルターガイスト騒ぎがあったことを覚えていらっしゃいますか? 夜中にピシッとかドンドンという怪音がしたり、食器棚が勝手に開いて皿が飛んだり、電源の入っていないドライヤーが動いたり──などの不思議な現象に住民が悩まされました。中には甲冑姿の武士や見知らぬ女性の幽霊を見た、という住民もいたそうです。たくさんの霊能者、祈とう師、観光客が押しよせて、大パニックになりました。

水道管の音? 怪奇現象?

建築の専門家や大学教授は、建物全体の水道管内の圧力の関係で音が響くのではと推理しています。しかし物が飛んだり、ドライヤーが勝手に動いたり、幽霊を見たなどの説明はついていないようです。

住民のみなさんは科学者でも霊能者でも、怪奇現象が収まれば何だっていいと思ったことでしょうね。最近ニュースを聞きませんが、もう解決したのでしょうか? ご存じの方いらっしゃいますか?

ポルターガイスト現象とは

ポルターガイスト(poltergeist)とは、ノックという意味の「poltern」と、霊を意味する「geist」から作られた言葉です。物が部屋を飛び交ったり、「パシッ」「ドンドン」というラップ音がしたりするので「騒々しい幽霊」というイメージでしょうか。

ボイル・シャルルの法則で有名な17世紀の物理学者ロバート・ボイルは、ポルターガイスト現象に科学的に取り組んだ最初の人物です。彼はフランスで起こった幽霊騒動を調べ、以後、世界各地でポルターガイスト現象が研究されるようになりました。

その原因はいったい何なのか?

19世紀後半から活動を始めている英国心霊調査教会は、ポルターガイスト現象とは何なのか議論を続けてきました。開設当時はその原因として「魔女・悪魔・悪霊」が考えられていました。

最近支持されている説は、思春期の少年少女のPK(サイコキネシス:念力)能力がこれらの怪現象を引き起こしているというものです。ポルターガイストに悩まされる家庭には、10代の子供がいるケースが多かったからです。彼らのストレスや性的なエネルギーが、無意識のうちに超能力として発散されたのではというのです。

有名なポルターガイスト事件

有名なポルターガイスト現象としては1848年のハイズビル事件と1984年のコロンバス事件があります。ハイズビル事件は、ニューヨークのフォックス姉妹が、ラップ音によって霊と交信した最初の事例です。

コロンバス事件は当時14歳のティナ・レシュ(Tina Resch)という少女の家に起こったポルターガイスト現象です。マスコミのインタビュー中に電話機が急に飛んだ写真は、AP通信で世界に流れ有名になりました。これがその写真です。

インチキか本物か

この2つの事例はポルターガイスト現象を書いた文献で必ず登場する有名な事件ではあるものの、現在ではトリックであると言われています。

ハイズビル事件は、後になってフォックス姉妹が糸で吊したリンゴを床に落としたり、足の関節をポキポキと鳴らしてラップ音を作ったと、新聞のインタビューに答えています。

またコロンバス事件のティナ・レシュは、物を投げて自作自演しているところを、テレビ局に暴露されています。彼女は10年後に実の娘を殺害した罪で逮捕されました。少し精神的に不安定な女性だったのかもしれませんね。

調査・研究は慎重に

ポルターガイスト現象はただの自然現象だったり、人為的なトリックであるケースも大変多いのです。思春期の少年少女というのは、自分に関心を向けて欲しい一心で、大人が思いも寄らない嘘をつくことがあります。このようなことを十分に考慮に入れた上で調査をしなければ、いつまでたってもポルターガイスト現象を科学的に解明することはできません。

曾祖父と風の神

個人的な話ですが、私の曾祖父もポルターガイスト現象に関わった一人です。会ったことのない曾祖父ですが、彼はかなりエキセントリックな人物として親戚中で今も話題の人物です。

彼は幽霊や妖怪が見えたそうで、時々「風の神がやってくる」と言いました。するとある部屋のふすまが一枚だけ、ガタガタと一晩中鳴ったのだそうです。

合理的な祖父母は、「耳に聞こえない音波がたまたまそのふすまに共鳴しただけだろう」と言っていたのですが、はたしてポルターガイスト現象だったのかどうか、今では調べられないのが残念です。

参考文献

『ポルターガイスト』コリン・ウィルソン 宮川 雅訳

超常現象の一般的な文献を紹介すると、コリン・ウィルソンか荒俣宏になってしまいますね。世界各地の様々なポルターガイスト現象を紹介し、解説してあります。

徹底検証!パニックin幽霊住宅

ウォーターハンマー説をあげています。

このブログは2001年07月23日開設のサイト「幻想画廊」を2019年にWordpressで移築したものです。この記事は16年前の、2003年05月27日(火)に書かれました。文章の内容を変えずにそのまま転載してあります。リンク切れなど不備もありますが、どうぞご了承くださいませ。

元サイト「幻想画廊」はこちらです。

トップへ戻る