(中級)フォトショップ講座02──シャボン玉でファンシーに(変形フィルタ)

空中に浮かぶ巨大なシャボン玉。透けて見える風景はひと味違って不思議なイメージです。第2回講座では、フィルターの「変形」の一例を勉強してみましょう。

素材辞典・イメージブック9 140 ハワイアロハ編」

スポンサーリンク

関連ギャラリー作品

【高丘親王航海記】澁澤龍彦の幻想文学の最高峰『高丘親王航海記』
天竺にはね、わたしたちの見たこともないような鳥けものが野山をはね回り、めずらしい草木や花が庭をいろどっているのよ。そして空には天人が飛んでいるのよ。そればかりではないわ。天竺では、なにもかもがわたしたちの世界とは反対なの。私たちの昼は天竺の夜。わたしたちの夏は天竺の冬。(『高丘親王航海記』澁澤龍彦 より)



元画像を用意します。


「長方形選択ツール」を使って、正方形の選択範囲を作ります。オプションバーで「ぼかし」の数値を1pxにしました。

「縦横比を固定」で縦を1、高さを1にすると正方形を選択できます(シフトキーを押しながらドラッグしても正方形が描けます) 。この正方形がシャボン玉の大きさになります。


選択した範囲をコピーし、元の画像とは別に新規に画像を作ります(コマンドキー+n)。

新規画像は自動的に、コピーの画像と同じ大きさになりますので、そのままOKし、ペーストして下さい。 左のように正方形の画像になりました。


【フィルタ→変形→極座標】を選びます。 左のようなウィンドウが開きますので、「極座標を直交座標に」を選んだ後、OKをクリックします。


左のような画像ができましたね。


【編集→変形→180°回転】を選ぶと画像がひっくり返り、左のようになりました。


再び【フィルタ→変形→極座標】を選びます。 左のようなウィンドウが開きますので、今度は「直交座標を極座標に」を選んだあと、OKをクリックします。


おおー! 球体ができました。


「楕円選択ツール」を選び、オプションバーで「ぼかし」1pxにします。

「縦横比を固定」で縦を1、高さを1にすると正円を選択できます(シフトキーを押しながらドラッグしても正円が描けます)。だいたいシャボン玉と同じ大きさにして、コピーします。


コピーしたシャボン玉を元の画像にペーストします。 シャボン玉は好きな位置に移動させてください。


今の状態をレイヤーパレットで見るとこんな感じです。 元画像の上にシャボン玉のレイヤーが重なっていますね。


このシャボン玉の中央を消します。

シャボン玉のレイヤーにマスクを作って非表示にするか、「消しゴムツール」で少しずつ消していきます。

いきなり100%の不透明度でやらずに、低い不透明度で少しずつ消していってください。 下の景色が透けて見えてきました。お好きなところで消すのをやめます。


最後にシャボン玉のレイヤーに【フィルタ→ぼかし→ぼかし(ガウス)】をかけます。 この数値は画像の解像度によりますので、何度かやってみて、調整してください。
これでシャボン玉が自然な感じになじみました。 ファンシーな写真の完成です!


応用作品

赤ちゃんの写真、ペットの写真などモチーフがはっきりしている写真にも向いています。 ここでは犬の写真に使ってみました。

素材辞典イメージブック3 50 イヌ・猫編



注意書き

フォトショップは多彩な機能が搭載されているソフトです。この方法は唯一のやり方ではありません。具体例としていくつか加工法をご紹介しますが、他のもっと良いやり方があるかもしれません。あなただけのやりやすい加工法を見つけるためにもいろんなやり方にトライしてみてくださいね。

このブログは2001年07月23日開設のサイト「幻想画廊」を2019年にWordpressで移築したものです。この記事は13年前の、2006年07月02日に書かれました。文章の内容を変えずにそのまま転載してあります。リンク切れなど不備もありますが、どうぞご了承くださいませ。

元サイト「幻想画廊」はこちらです。

(中級)Photoshop講座
スポンサーリンク
この記事を書いた人
マリア・ガルシア

当サイトの作品のモデル・画像加工者・執筆者。Web・雑誌・カタログなどのデザインの仕事をしています。趣味・特技は英語、速読、ダンス、ブラックジャックを10秒で描けることです。

マリア・ガルシアをフォローする

ちなみに18年後のマリア・ガルシアこと五十嵐麻理は、こんなブログ↓を書いています。

幻想画廊・PhotoshopフォトショップCGコラージュ
トップへ戻る