2002-08

不思議小説・幻想物語

【ガリバー】『ガリヴァ旅行記 』ブラックユーモアに溢れた皮肉小説の真実

それで私は、懸命に下目を使ってそちらを見ると、なんとそれが、身の丈こそ六インチにもみたないが、れっきとした人間だったのだ。(『ガリヴァ旅行記 改版』スウィフト より)
自然と癒やし

【恋】図書館の恋(ミニ小説・フィクション)

ぼくはきみに近づくことも、手を貸すこともできないが、今後はきみのことを考える。たぶん、きみの夢もみるでしょう。(『ゲイルズバーグの春を愛す』ジャック・フィニイ より)
エキゾチックアジア

【着物】着物に魅せられた女(ミニ小説・フィクション)

着物は愛する男はんに見てもらうために着るんです。(『玉緒の「着物」の喜び』中村玉緒 より)
幻想界の住人たち

【人形】人形愛(ピュグマリオン・コンプレックス)と私の友人Mさんの話

人間に恋はできなくとも、人形には恋ができる。人間はうつし世の影、人形こそ永遠の生物。(『鏡地獄 江戸川乱歩怪奇幻想傑作選』江戸川 乱歩 より)
スポンサーリンク
トップへ戻る