【人面瘡(じんめんそう)】人の顔の形をしたできものの正体とは?

しかもこいつは勝手にものを言うんです。私の意志に関係なく勝手なことをベラベラしゃべります。

(『ブラックジャック「人面瘡」』手塚治虫 より)

スポンサーリンク

ある日小さなできものが……

いつ虫に刺されたんだろう? ぽりぽりと背中のはれ物をかきながらあなたは首をひねります。昨日庭の草むしりをしたから、その時にでもやられたのかな……?

次の日になるとできものはさらに大きくなっています。まずい。これは何かにかぶれたのだ、と慌てて皮膚科に駆け込みます。しかし医者に診せたとたんにできものは跡形もなく消えているのです。不思議だなあ……。でも家に帰って一人で見てみると、確かにある!

翌日鏡に背中を映してみると、なんとそれは人の顔の形になっています。赤ん坊のような老人のような、気味の悪い顔。目をうっすらと開き、口をもごもごと動かしているではありませんか。

これはいったい何なの!?

奇妙なはれもの「人面瘡」

この不気味なできものは「人面瘡(じんめんそう)」(または「人面疽(じんめんそ)」)という奇病です。股、膝、肩、腹など様々な部位にできるはれもので、目・鼻・口がついた人間の顔のような形状をしています。

古くは江戸の奇談集『御伽婢子』に物を食べたり酒を飲んだりする人面瘡が出てきます。横溝正史の『夜光虫』、谷崎潤一郎の『人面疽』、手塚治虫の『ブラックジャック「人面瘡」』、高階良子の『血まみれ観音』、姫野カオルコの『受難』──と、たくさんの作家・漫画家が人面瘡を作品のテーマに取り上げています。

しゃべる、食べる人面瘡

この人面瘡、ものによってはしゃべったりもするそうです。宿主が隠している悪行や秘密をべらべらと話したりするのだからたまったものではありません。食事をやらないとずきずき痛みだして死にそうになったり、顔中を覆って見るも無惨な容貌になってしまったり──と、大変困った病気なのです。

「そんなのただの物語で、人面瘡なんてあるわけないよ」ですって?

なんでも、東京大学の法医学教室には明治時代に20代の女性から切り取られた人面瘡の標本が今も残っているという噂ですよ。皮膚の腫瘍がたまたま人の顔のように変形したものかもしれませんが、何にしてもあまりおおっぴらに人に見せられるものではないですよね。

人面瘡の治療法

この人面瘡を治すにはどうしたらいいのでしょう? 『御伽婢子』の中では、人面瘡に困り果てた農民を諸国行脚中の修行僧が助けます。

田畑を売り払ったお金で様々な薬品、薬草金属、石を買い集め、僧は片っ端から人面瘡の口に流し込みます。たった一種類だけ人面瘡が食べなかった貝母(ばいも・ユリ科の多年草の薬草)を無理矢理口に押し込むと、やっと人面瘡はかさぶたになって治りました。

『ブラックジャック』の人面瘡は患者の顔にできて、勝手なことをしゃべり出します。何度整形手術をしても、皮膚が元のように盛り上がり人面瘡は治りません。精神的なものが原因と見たブラックジャックは患者をピストルで撃つという荒行事で手術をするのですが……。

人面瘡の治療はなかなか大変そうですね。

あなたも持っている人面瘡

もし人面瘡ができてしまったらどうしましょう。こうなったら開き直って、人面瘡と共存していくのがいいかもしれません。

江戸時代の「本道外画難病療治」という浮世絵には、大食らいの人面瘡に借金の証文を見せて説き伏せている場面が描かれているんですよ。宿主の私が死んだら困るだろう? と言って仲良くしようと努めれば、案外いい話し相手になってくれるかも。お化粧してキレイにしてあげれば、カワイイペットとして自慢できたりして。

……うーん、やっぱ無理か。

と書いていてハタと気づきました。実は私も昔から体の一部に、男の子が住み着いているんです。これが噂に聞く人面瘡でしょうか。そう、そしてその男の子はあなたの肉体にもいるんです。よくご覧あれ。あなたの下半身の足の部分。関節のところにいませんか?

膝小僧」が。

お後がよろしいようで。

参考文献

『Black Jack―The best 12stories by Osamu Tezuka (1) (秋田文庫)』手塚 治虫

収録作品は、『医者はどこだ!』『春一番』『畸形嚢腫』『人面瘡』『ときには真珠のように』『めぐり会い』『絵が死んでいる!』『六等星』『ブラック・クィーン』『U-18は知っていた』『アリの足』『二つの愛』です。

医の博物館 ※リンク切れ

「本道外画難病療治」の浮世絵が見られます。膝に話しかけている男性に注目

このブログは2001年07月23日開設のサイト「幻想画廊」を2019年にWordpressで移築したものです。この記事は16年前の、2003年07月22日(火)に書かれました。文章の内容を変えずにそのまま転載してあります。リンク切れなど不備もありますが、どうぞご了承くださいませ。 

元サイト「幻想画廊」はこちらです。

トップへ戻る