【人魚】世界に伝わる人魚伝説──人魚とは何か?

海女、人魚なり、半身以上は女人に類して半身以下は魚類なり、人魚、骨は功能下血を留るに妙薬なり。蛮語にベイシムトルトといふ。紅毛人持たる事あり

(『長崎見聞録』 より)

人魚=ジュゴン?

人魚は漁師がジュゴンを見誤ったもの」と初めて知ったとき、あなたはがっかりしませんでしたか?

どこをどう見間違ったら、あのへちゃむくれの顔が人間の女に見えるのでしょうか? 長い航海でよっぽど女性に飢えていて幻を見たとしか思えませんが、今のところジュゴンを人魚とする説が最も一般的です。

この説を広めたのは、生物学・民俗学者 として有名な南方熊楠だと言われています。博覧強記の天才として知られていた熊楠ですから、この説は広く受け入れられました。しかしそれ以前にも人魚の目撃例はたくさんあったものの、ジュゴンは沖縄以外の日本近海で捕れたことはほとんどありません。

超童貞&最強ニート・天才南方熊楠「南方熊楠記念館」【和歌山】
南方熊楠。和歌山が生んだ博覧強記の天才、博物学の巨星、柳田國男と並ぶ民俗学の父。しかしそんな美辞麗句が並ぶ中、私はあえて言いましょう。彼こそ超童貞・最強ニートであると。

人魚だと思われていた生物たち

では他に人魚だと思われていた生物はなんでしょうか? 民俗学の研究者はイルカ、アザラシ、アシカ、オットセイ、サメ、サンショウウオなどを見間違えたのではないかと考えています。

動物園、水族館、テレビなどでこれらの動物を見たことのある私たちからすると違和感を覚じます。しかし実際に江戸時代の見世物となっていた人魚は、イルカやアザラシが多かったそうです。

アザラシのタマちゃんをニュースで見てると、泳ぐ様やひなたぼっこしている様がどことなく人間っぽいなあと思うこともあるので、アザラシを見たことのない江戸の人は人魚だと信じてしまったかもしれませんね。

妖怪の中でも不思議な存在

人魚は、たくさんいる妖怪の中でも特殊な存在です。それは人魚が「食べられる妖怪」だからです。人間を食べる妖怪は数あれど、人間に食べられてしまう妖怪というのはきわめてまれなのです。人魚の肉を食べて800歳も生きたという、八百比丘尼(やおびくに)の伝説はみなさんも聞いたことがあるでしょう。

人魚を食べて不老不死になった娘「八百比丘尼入定洞・空印寺」【福井】
人魚の肉を食べて不老不死の力を得たという八百比丘尼(やおびくに)の民話は全国各地に残っています。福井県小浜市の空印寺は八百比丘尼が入定したという洞窟があるお寺です。

「人魚は食べられる」という発想が出たのは、やはり実際に(人魚らしきものを)食べた人がいたからでしょうね。そういう点から考えると、人魚=アザラシ、オットセイ、サンショウウオ説にも頷けます。

漢方では、オットセイに精力剤としての効能があるとされていますし、昔はサンショウウオの黒焼きを薬として食べる人もいました。見たこともない珍しい動物の肉を食べるというのは、それだけでもありがたい感じがしたのでしょう。

奇妙奇天烈、人魚のミイラ

ところで日本各地のお寺には、人魚のミイラなるものが残っています。西洋の人魚姫のイメージとはほど遠い不気味な顔で、ひからびた(ミイラなんだから当たり前か)気味の悪いしろものです。

琵琶湖に人魚!? 人魚のミイラがあるお寺「願成寺」【滋賀】
人魚と言えば海のイメージ。でも琵琶湖には人魚にまつわる伝説が数多く残っています。滋賀県の願生寺には寺宝の人魚のミイラが祀られています。悲しい琵琶湖人魚の伝説をご紹介します。
 

1822年にロンドンで見せ物になっていたP・T・バーナムのフィジーの人魚。サルのミイラと鮭で作られた偽物。日本の剥製師によって作られた。 / Fiji mermaid – Wikipedia

これは19世紀に流行ったニセの人魚です。たいてい上半身はサルで、下半身はコイや、オオウナギなどを剥製にしてくっつけたものでした。

1825年ごろオランダの学者がこのような人魚を本物だと思いこみ、それを学会で発表して大騒動になりました。後で偽物と発覚して、彼は大恥をかいてしまったとか。人魚のミイラは西洋人向けの高価なおみやげとして、中国や日本でたくさん作られたのです。

あなたは信じますか?

コラムでこんなことを書いていてなんですが、科学が進んで様々なものが発見され解明されていくというのは、素晴らしいと思う一方、寂しいものもあります。

人魚の正体、人魚のミイラなどの不思議について解説するのは、冒頭に書いたように「なあんだがっかり」と思うだけなのかもしれません。でも私は心の片隅で「それでもどこか遠い国の海の底には、人魚が実在するのではないか」と信じています。そのくらいの夢を持っていたってバチはあたりません。

【金魚】アジアンマーメイドは短足? 東洋の人魚のプロポーション
仮に生まれていたとすればその人魚は現在百歳を超える。現存していればそういうことになるが、日本の伝承に従えば人魚は長寿であるらしい。(『ウォーレスの人魚』岩井俊二 より)
【水妖】『耳袋-玉石のこと-』石の中に住む値千金の秘宝・魚石とは?
あれは『魚石』という珍宝だ。石を磨いて薄くすれば、透けて中の魚を見ることができる。この魚の遊ぶさまをみていると、心ゆるやかになり、長生きができる……。(『魚石譚』南條竹則 より)

参考文献

『人魚の系譜』笹間 良彦

Weekly World News(アメリカの東スポ)を資料に使ってしまうなど、ちょっと困った本ではあるけど、世界に伝わる神話や物語から、人魚と人々との関わりが分かります。浦島伝説と人魚との関係は面白かったですよ。

MermaidRentals.com (English) ※リンク切れ

本物そっくりの人魚の下半身をレンタル。コスプレにいかが?

このブログは2001年07月23日開設のサイト「幻想画廊」を2019年にWordpressで移築したものです。この記事は49年前の、20030513に書かれました。文章の内容を変えずにそのまま転載してあります。リンク切れなど不備もありますが、どうぞご了承くださいませ。

元サイト「幻想画廊」はこちらです。

トップへ戻る