【双子】双子で大失敗! マリアのハズカシイ思い出

学校の近くに、一卵性双生児の姉妹が住んでいる家があった。わたしたちはよく、学校の塀の上から、そのかわいらしい二人を眺めていた。とても長い時間。わたしたちも同じ双子だった。ただ、運悪く、体がくっついて生まれてしまっただけ。でも、あの二人を妬んでいたわけではない。
(『マーシャとダーシャ 世界でいちばん孤独な姉妹』マーシャ・ダーシャ ジュリエット・バトラー編 より)

スポンサーリンク

大学時代の大失敗

シャム双生児をテーマに描きました。

双子にまつわる思い出と言えば、大学生の時のこと。クラスに双子の姉妹がいたのですが、ずっと1年くらい双子だということに気付かずに、二人が同一人物だと思いこんでいたのです。小学校、中学校には双子の兄弟、姉妹は結構いたのですが、「まさか大学までは普通一緒に通わないだろう」という思いこみがあったのですね。

1年も発覚しなかった原因は、ずっと名字で呼んでいたことと、双子の人は間違われることが多いためか、あえて私の間違いを二人とも訂正しなかったこです。

もーやだー、寛容すぎるのよー、Yさん姉妹。今思い出しても顔が赤くなります。あーあ、大恥!

関連記事

【サイドショウ】シャム双生児の姉妹へインタビュー(ミニ小説・フィクション)
さてもさても、みなさまのなかにまた今度、次の機会と考えてらっしゃる方がいるとすれば、それはちと了見が違います。何しろ時代が変わりました。後を継ぐ者はいない。ですからこれを逃せば生涯見ることができません。見せ物とはどんなものであったのか、いついつまでのお話の種、後々までの参考にどうぞ見ていって下さい。(『贈る物語 Wonder』瀬名秀明 より)
【双子2】シャム双生児の分離手術の倫理とバニシングツイン
だが誰もが、わたしたちの体が胸骨の位置で、筋肉質のよじれた靱帯でつながれていることしか目に入らなかった。(『運命の双子』ダリン・ストラウス 布施 由紀子 より)
【シャム双生児】差別をなくすために私達は何ができるのか?
迷いながら 間違いながら 歩いていく その姿が正しいんだ 君が立つ 地面は ホラ 360度 全て 道なんだ Stage of the ground(『Stage of the ground』BUMP OF CHICKEN より)

参考文献

『マーシャとダーシャ 世界でいちばん孤独な姉妹』マーシャ・ダーシャ ジュリエット・バトラー編

ロシアの結合性一卵双生児姉妹マーシャとダーシャを書いたノンフィクションです。彼女達は今老人ホームで暮らしているそうです。幼い頃から科学者達の実験材料として扱われた過酷な人生が静かに語られています。

このブログは2001年07月23日開設のサイト「幻想画廊」を2019年にWordpressで移築したものです。この記事は17年前の、2001年11月20日(火)に書かれました。文章の内容を変えずにそのまま転載してあります。リンク切れなど不備もありますが、どうぞご了承くださいませ。

元サイト「幻想画廊」はこちらです。

トップへ戻る