【サイドショウ】シャム双生児の姉妹へインタビュー(ミニ小説・フィクション)

さてもさても、みなさまのなかにまた今度、次の機会と考えてらっしゃる方がいるとすれば、それはちと了見が違います。何しろ時代が変わりました。後を継ぐ者はいない。ですからこれを逃せば生涯見ることができません。見せ物とはどんなものであったのか、いついつまでのお話の種、後々までの参考にどうぞ見ていって下さい。

(『贈る物語 Wonder』瀬名秀明 より)

サイドショウの仲間達

リサが疲れて寝てるから静かにしてちょうだいよ。なにしろあたしとリサは腰のところでつながってるからさ、別々に寝ることできないんだよ。

そうだよ。生まれたときからずーっとこの一座で暮らしてるよ。テントの外で、草色の毛布にくるまれてわんわん泣いてるあたしたちを、ヒゲ女のアニタおばさんが見つけたんだって。それからずっとみんなと一緒だね。アニタおばさん、料理うまいよ。チキンスープ、すっごくおいしいんだよ。風邪引いたときしか食べられないけどね。

旅から旅へ

あっちの街、こっちの街と国中いろんなとこへ行ったよ。いろんな街があった。前いたところではねえ、蜃気楼を見たよ。あんた見たことある? 蜃気楼。見たことないって、そりゃそうだよ。街の人もめったに見られないって言ってたもん。蜃気楼、珍しいんだよ。

ヘビ使いのハナとリサと3人で海に見に行ったんだよ。すごいんだよ。海の上に塔があるんだから! びっくりしたよ。ホントすごいんだから。ハナとリサとでキャアキャア騒いで楽しかったなあ。すぐ消えちゃっけど、たしかに見たよ! 先のとんがった高ーい、赤い塔だよ。異国の建物かな。不思議だよね。いろんなとこで、面白くて珍しいもん見られるんだから、あたし達最高にラッキーだよ!

世にも珍しいシャムの双子のダンス

あたし達、いろんなダンス踊れるよ。ジルバも、ワルツ、タンゴ、クイックステップ、スローもね。舞台の端から端までひとっ飛びだよ。いつもリサと踊ってるから。お客さんがいっぱい拍手してくれてすごく嬉しいんだよ。舞台が紙吹雪でいっぱいになってキレイ。うん。どんな難しいステップでもすぐ覚えられるよ。トチることなんか一回もないね。

当たり前だよ、あんた。

だってリサとあたしは一身同体だもの!

関連記事

【双子2】シャム双生児の分離手術の倫理とバニシングツイン
だが誰もが、わたしたちの体が胸骨の位置で、筋肉質のよじれた靱帯でつながれていることしか目に入らなかった。(『運命の双子』ダリン・ストラウス 布施 由紀子 より)
【双子】双子で大失敗! マリアのハズカシイ思い出
学校の近くに、一卵性双生児の姉妹が住んでいる家があった。わたしたちはよく、学校の塀の上から、そのかわいらしい二人を眺めていた。とても長い時間。わたしたちも同じ双子だった。ただ、運悪く、体がくっついて生まれてしまっただけ。でも、あの二人を妬んでいたわけではない。(『マーシャとダーシャ 世界でいちばん孤独な姉妹』マーシャ・ダーシャ ジュリエット・バトラー編 より)
【シャム双生児】差別をなくすために私達は何ができるのか?
迷いながら 間違いながら 歩いていく その姿が正しいんだ 君が立つ 地面は ホラ 360度 全て 道なんだ Stage of the ground(『Stage of the ground』BUMP OF CHICKEN より)

参考文献

『贈る物語 Wonder』瀬名秀明

SF作家の瀬名秀明の、”Wonder(驚き)”をテーマにしたアンソロジーです。『託卵』は短編集になってないので、この本でしか読めません。幻想時代小説? と思いきや、実はSFという驚き。見せ物小屋で不眠・断食芸をする男の恐ろしい過去とは?

このブログは2001年07月23日開設のサイト「幻想画廊」を2019年にWordpressで移築したものです。この記事は17年前の、2002年01月08日(火)に書かれました。文章の内容を変えずにそのまま転載してあります。リンク切れなど不備もありますが、どうぞご了承くださいませ。

元サイト「幻想画廊」はこちらです。

トップへ戻る